社労士試験が難しすぎ…難しい理由と合格するための勉強法を解説

難しすぎる社労士の試験
  • 社労士試験が難しすぎる…
  • 難しい理由を知りたい
  • 合格するコツを知りたい!

社会保険労務士(社労士)試験に挑戦している方!

試験が難しすぎる…』と悩んでいませんか。社労士は難関資格。簡単には合格できません。

 

  • この記事を書いた人

私は知識ゼロから社会保険労務士試験に合格できました。

受験回数は2回。試行錯誤しながら勉強してきました。

そこでこの記事では試験に受からない理由と勉強のコツをお伝えします。

この記事を読むことで合格するための勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

 

社労士は難しすぎる試験

勉強が難しい社労士は人気の国家資格。しかし難易度が高く簡単には合格できません。

 

まずは、社労士試験の難易度について見ていきましょう。

 

社労士試験の合格率は6%~7%。毎年4万人ほど受験して合格者は2000人程度です。

 

合格には1000時間以上の勉強が必要。1日3時間勉強しても1年かかります。

≫参考:社労士の合格に必要な勉強時間は実際どのぐらい?【経験者が解説】

 

社労士の平均受験回数は3~4回。1回で合格する人は少なく、多くの人は3年以上費やしています。

≫参考:社労士の合格に何年かかる?勉強をいつから始めたらいい【合格者が解説】

【まとめ】社労士は難しすぎる試験

  • 合格率は6%~7%
  • 1000時間の勉強が必要
  • 平均受験回数は3~4回

社労士の難易度について見てきました。上記のとおり社労士試験は難しいです。

多くの受験生は合格できません。『難しすぎ』と感じるのは当然です。

≫参考:社労士に受かる気がしない。合格に必要な3つのポイント

社労士試験が難しすぎる6つの理由

悩む女性

  1. 暗記だけでは合格できない
  2. 試験範囲が広い
  3. 試験本番はスピード勝負
  4. 選択式の足切り
  5. 法改正の対策
  6. モチベーション維持が重要

暗記だけでは合格できない

社労士試験はテキストの内容を丸暗記しただけでは合格できません。もちろん暗記も必要ですが理解力も必要です。

 

『暗記』と『理解』の両方が必要な試験。繰り返し学習しないと理解力が身につかないので簡単ではありません。

試験範囲が広い

社労士の試験範囲は膨大。受験科目は以下の8科目です。

①労働基準法及び労働安全衛生法
②労働者災害補償保険法
③雇用保険法
④労務管理その他の労働に関する一般常識
➄社会保険に関する一般常識
⑥健康保険法
⑦厚生年金保険法
⑧国民年金法

全科目で基準点以上の得点が必要なので、万遍なく学習しなければなりません。

試験当日は時間との勝負

試験当日は時間との闘い。試験はとにかく時間が足りないです。

時間配分を考えないと全問解く前に終わってしまいます。

 

特に択一式は210分(3時間30分)で70問を解答。1問3分で解答しなければなりません。

 

問題文を速く読み、理解し、正確に解答する必要があります。

選択式の足切り

受験生が最も苦労するのが選択式。基準点まで1点足らずに落ちてしまう受験生もいます。

 

選択式が難しいのは頑張っても解答できない奇問・難問が出題されることです。

自分の実力に加えて運の要素も必要なので受験生泣かせです。

法改正の対策

法改正問題は毎年のように出題されます。選択式で狙われることもあるので対策は必須です。

 

社労士試験は法改正が多いので常に情報をキャッチアップしなければなりません。

モチベーション維持が難しい

社労士試験を短期間で合格することは難しく、多くの人は2~3年勉強しています。

何年も勉強を続けるためにはモチベーションが大切です。

 

『社労士試験に合格するんだ!』という想いがないと挫折します。長期間モチベーションを維持し続けることは大変です。

 

次に最短で合格するための勉強法を解説します。

 社労士試験を合格するための勉強法

ポイント効率学習により最短で合格するための勉強法を解説します。

  1. 勉強時間の確保
  2. 正しい勉強法を理解する
  3. 通信講座【フォーサイト】を受講する
  4. 模試を受ける

勉強時間の確保

合格に必要な勉強時間は1000時間。学習期間を1年間とすると1日3時間の勉強が必要です。

 

社会人が1日3時間も確保するのは大変です。スキマ時間を利用して勉強時間を確保を目指します。

 

例えば、移動中や休憩時間などスケジュールの中で少し空いた時間を活用します。

 

3時間まとめて確保できなくても、スキマ時間を積み重ねトータル3時間の確保を目指します。

正しい勉強法を理解する

回り道せず、最短ルートで合格するには『正しい勉強法』を知ることが必要です。

 

我流で行うと間違った方向に進んだり、不要なところに時間をかけたり合格が遠のきます。

 

正しい勉強法を学ぶ方法として、大手予備校クレアールが出版している『非常識合格法』の書籍を読みましょう。

 

非常識合格法には効率的に合格するための勉強法が書かれています。この本を読むことで社労士試験に最短最速で合格する方法がわかります。

 

書籍には合格するための勉強法、短期合格のコツなどが解説されています。

 

今だけ、クレアールに資料請求【無料】した先着100名に無料でプレゼントしています。

 

Amazonだと1,650円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。資料請求後に強引な押し売りや勧誘はないのでご安心ください。

 

経験談ですが我流で行うと合格が遠のきます。最初に正しい勉強法を理解してから学習を進めましょう。

\  簡単!1分で入力完了/

通信講座【フォーサイト】を受講する

最小労力で合格を目指すなら通信講座フォーサイトがオススメです。

 

  • フォーサイトの特徴
  • 累計受講者数が約8万人と圧倒的な実績
  • フォーサイト受講生の合格率は全国平均の3,73倍
  • 理解しやすいテキスト【全ページフルカラー、図解も豊富】
  • 講師の講義がわかりやすい

社労士受講生に大人気のフォーサイト。フォーサイトはわかりやすいテキスト、質の高い講義が特徴です。

 

フォーサイトを受講して、コツコツ努力すれば合格レベルに達することは十分可能です。

私自身、知識ゼロからフォーサイトを受講して合格できました。

 

フォーサイトでイチオシの講座は不合格でも全額返金保証が付いているバリューセット3です。

\  フォーサイト累計受講者数8万人!全額返金保証付/


フォーサイトの評判・口コミを知りたい方は下記の記事も参考にしてください。

模試を受ける

フォーサイトに加えて他社の資格予備校の模試も受講しましょう。

合格にフォーサイトは必須ですが、フォーサイトだけでは少し物足りません。

 

フォーサイトはアウトプット教材【問題演習】が少ないので、アウトプット学習は他社の模試で補います。

 

資格予備校の模試は2社ほど受けましょう。1社だけだと物足りない、かといって受けすぎもよくないです。

 

資格の大原、TACの公開模試がオススメです。模試を受けて初見問題への対応力を磨きます。

【まとめ】社労士試験の勉強法

社労士試験に合格するための勉強法について解説してきました。

  1. 1000時間の確保
  2. 非常識合格法を読む
  3. 通信講座【フォーサイト】を受講。バリューセット3がオススメ
  4. 資格予備校の模試を2社ほど受ける。資格の大原、TACがオススメ

『試験が難しすぎ…』と悩んでいる方。勉強法で迷ったら上記の方法を実践してみてください。

【まとめ】社労士試験が難しすぎ

社労士試験の難易度と合格するための勉強法について解説しました。

 

社労士試験の難易度

  • 合格率は6%~7%
  • 1000時間の勉強が必要
  • 平均受験回数は3~4回

 

社労士試験の難易度が高い理由は次の6点。

  1. 参考書の暗記だけでは合格できない
  2. 試験範囲が広い
  3. 試験本番はスピード勝負
  4. 選択式の足切り
  5. 法改正の対応
  6. モチベーションの維持が難しい

 

合格するための勉強法は次のとおりです。

  1. 1000時間の確保
  2. 非常識合格法を読む
  3. フォーサイトを受講。バリューセット3がオススメ
  4. 資格予備校の模試を2社ほど受講。資格の大原、TACがオススメ

上記の勉強法なら合格レベルに達することは十分可能です。

 

非常識合格法の書籍を無料で受け取るには下記のボタンをクリックして大手予備校クレアールに資料請求してください。

\  簡単!1分で入力完了/

フォーサイトの公式サイトを見たい方は下記のボタンをクリックしてください。

\  フォーサイト累計受講者数8万人!全額返金保証付/





※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。