当サイトにはプロモーションが含まれています。

社労士に半年で合格は無理?合格者が経験談と勉強法を解説

社労士の試験
  • 社労士に半年で合格できるの?
  • 合格するための勉強法を知りたい
  • どんな教材を使えばいいの?

社労士試験に挑戦する方。

半年で合格できるの?』と思っていませんか。

 

社労士は難関試験。半年で合格は可能なのか気になるところです。

 

★この記事を書いた人

社労士試験の合格証

社労士試験の合格証

知識ゼロから社労士試験に合格。

社労士の勉強法について情報発信しています。

そこでこの記事では、半年で試験に合格できるのか解説します。

 

記事を読むことで合格するための勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

社労士試験の一発合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

半年で合格は無理ではないが難しい

社労士試験に半年で合格することは無理ではありません。実際に半年で合格されている方もいます。

 

しかし、相当な努力が必要です。

社労士試験の合格に必要な勉強時間

合格に必要な勉強時間は1000時間といわれています。

≫参考:社労士の合格に必要な勉強時間は実際どのぐらい?【経験者が解説】

 

半年で1000時間を勉強する場合、1日5時間以上も勉強しなければなりません。

 

効率的に勉強すれば1000時間以内で合格することも可能です。

 

効率的な勉強法は後述します。

社労士はいつから勉強するのがベスト?

通常、社労士の学習期間は1年間です。

 

試験は8月末なので9月から勉強を開始するのがベストといえます。

 

しかし、学習期間が半年の場合、時間がない焦りから必死に勉強するので質の高い学習効果が見込めます。

≫参考:社労士の合格に何年かかる?勉強をいつから始めたらいい【合格者が解説】

ネット情報を鵜呑みにしない

ネット情報

ネット上で次のような書き込みを見かけます。

  • 社労士は2ヶ月で合格できる
  • 200~400時間あれば余裕

上記のような情報を鵜呑みにしないよう注意してください。

 

通常は半年~1年勉強して受かる試験です。

≫参考:社労士は簡単だった?本当の難易度と合格するための勉強法

半年(6ヶ月)で社労士試験に合格する方法

社労士試験の合格に頭の良さは不要

  1. 勉強時間の捻出
  2. 正しい勉強法を学ぶ
  3. 通信講座フォーサイトを受講する
  4. 半年で合格するためのスケジュール
  5. 強い想いを持つ

勉強時間の捻出

合格には絶対的な学習量が必要です。

 

まずは勉強時間の確保から始めましょう。1日のうちで勉強に使える時間を捻出します。

  • いつもより1時間早起きする
  • 仕事終わりに1時間勉強してから帰宅
  • 休日は外出せず勉強する

スキマ時間に勉強

半年で合格を目指すなら移動中や休憩時間などのスキマ時間も勉強しなければなりません。

 

テキストを1ページ読む、過去問を1問解くなど、たとえ5分でも積み重ねれば膨大な時間になります。

 

スキマ時間は探せば結構あるものです。5分でも勉強できる時間はないか確認してみてください。

正しい勉強法を学ぶ

『非常識合格法』の書籍を無料で貰える!

非常識合格法の書籍

社労士のような難関試験はやみくもに勉強しても受かりません。

 

どのように勉強すれば短期間で合格できるのか勉強法を考えることも重要です。

 

多くの方は勉強法を学ばず、その日の気分で勉強内容を決めます。

 

しかし、半年で合格を目指すなら正しい勉強法を最初に学ぶことが大切です。

 

自己流の勉強法に走らず、プロが教える勉強法を実践しましょう。

 

オススメは大手予備校のクレアールが出版した非常識合格法の書籍を読むことです。

 

この書籍を読むことで最短最速で合格する勉強法がわかります。

 

 

短期合格のコツ、科目ごとの勉強法など受験生の知りたい情報が満載です。

 

間違った勉強法では遠回り。最初に正しい勉強法をマスターしましょう。

 

書籍は100万部以上の売り上げがあり、資料請求【無料】した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座フォーサイトを受講する

社会保険労務士試験の勉強方法

半年で合格を目指すなら独学はオススメしません。なぜなら膨大な時間が必要だからです。

 

半年では間に合いません。通信講座か予備校の2択です。

 

予備校を利用する場合、費用が20万円程度かかります。さらに決められた時間に通学するため時間的な拘束もありオススメしません。

 

筆者のオススメは通信講座です。

 

通信講座は予備校の半額以下で受講でき、市販の教材よりクオリティが高いです。

 

筆者も知識ゼロから通信講座で合格できました。初学者であっても通信講座で合格できます。

半年で合格を目指すならフォーサイト社労士講座が最適

フォーサイト社労士通信講座

累計受講者数は約10万人。超人気の通信講座フォーサイト。

 

数ある通信講座のなかでフォーサイトはオススメできます。

  • 累計受講者数が約10万人と圧倒的な実績
  • フォーサイト受講生の合格率は全国平均の3.72倍
  • 理解しやすいテキスト【全ページフルカラー、図解も豊富】
  • 講師の講義がわかりやすい

★フォーサイトのテキスト

フォーサイトのサンプルテキスト

★フォーサイトの講義動画

フォーサイトは教材のクオリティが高いのに圧倒的に安いのが最大のメリット。一番安い基礎講座で57,800円です。

 

筆者オススメはバリューセット3です。12万円ほどするので余裕があれば受講してみてください。

 

★バリューセット3の教材

バリューセット3教材イメージ

 

筆者もフォーサイトを受講し高得点で合格できました。

社労士の合格通知

フォーサイトの公式HPでは最短5カ月で合格を目指せると謳われています。

 「合格点主義」で、忙しい人に配慮した教材・カリキュラムだから、フォーサイトなら最短5か月で社労士試験合格を目指せます。

フォーサイト公式HPより引用

 

フォーサイトのカリキュラムに沿って進めていけば半年以内で学習を終えることができます。
\  累計受講者数は約10万人!全額返金保証付/

 半年で合格するためのスケジュール

社労士試験の学習スケジュール勉強開始~試験日までのスケジュールを立てましょう。その日の気分で勉強内容を決めないよう注意してください。

 

いつまでに何をするのかスケジュールを立てます。

 

例えば、

  • 勉強開始日~4月…テキストと過去問を2周
  • 5月~7月…全国模試を受講する
  • 8月…テキストを1周する

上記は実際に筆者が合格したときのスケジュールです。参考にしてください。

 

重要なことは試験前日までに自分のやりたい勉強をすべての終えることです。

≫参考:社労士の勉強方法を合格者が解説!おすすめの勉強法を紹介

強い想いを持つ

モチベーションを上げる

社労士に絶対合格するんだ!』という強い想いを持つことが重要です。

 

半年で合格を目指すので、相当な努力が必要になります。

 

社労士になりたい想いが強ければ努力できます。

  • 社労士になって開業したい
  • 社労士としてやりたい仕事がある
  • 今の自分を変えたい

長期に渡ってモチベーションを維持するのは大変です。

 

時には勉強が嫌になり、投げ出したくなることもあります。

 

モチベーションが下がった時は『絶対に合格する』という気持ちを思い出してください。

社労士の勉強が進まない…効率的な学習法と7つのやる気UPのコツ

【まとめ】社労士に半年で合格は無理?

社労士に半年で合格できるのか解説しました。

 

半年で合格することも可能ですが、相当な努力が必要です。

 

やみくもに勉強しても合格できないので効率的に学習しなければなりません。

 

半年で合格を目指すなら次のポイントを意識しましょう。

  1. 勉強時間の確保
  2. 非常識合格法を読む
  3. フォーサイトを受講をする
  4. スケジュール設計をする
  5. モチベーションを維持する

合格には絶対的な勉強量が必要です。まずは勉強時間を確保しましょう。たとえ5分でも勉強することが大切です。

 

効率的な学習法を学ぶためにクレアールに資料請求して『非常識合格法』を入手しましょう。資料請求は無料。1分で完了します。

 

資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

半年で合格を目指すなら通信講信のフォーサイトがオススメです。

 

圧倒的合格実績を誇ります。教材の質が高いのに低価格で受講できるのがオススメです。

 

★フォーサイト公式サイト

\  累計受講者数は約10万人!全額返金保証付/

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。

当サイトはリンクフリーです。管理者の許可なくリンクを貼っていただいても構いません。