当サイトにはプロモーションが含まれています。

社労士試験の2年目の勉強方法を合格者が解説。高得点で合格!

社労士試験の2年目の勉強方法 社労士の試験
2年目の社労士試験の勉強方法を教えて下さい!

 

社労士試験に再挑戦する方。

2年目の勉強方法について気になっていませんか。

 

どのように勉強していけばいいのか気になるところです。

 

★この記事を書いた人

社労士試験の合格証

社労士試験の合格証

知識ゼロから社労士試験に合格。

不合格の経験があり、再挑戦して合格しました。

そこでこの記事では、2年目の勉強法を実体験を交えながら解説します。

 

記事を読むことで合格者の勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

社労士試験の一発合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

社労士試験の2年目の受験は普通

社労士試験の難易度社労士試験の合格率は5%前後。100人が受験しても、合格者はわずか5人しかいません。

 

つまり、落ちるのが普通の試験です。1回や2回の不合格は当たり前。合格までには3年以上かかることもよくあります。

 

試験に合格できなかったとしても、悲観する必要はありません。

≫参考:社労士に受からない…試験に落ちた。社会保険労務士の学習で悩んでいる方へ

2年目の学習を再開する前に『検証』を行う

不合格の原因まずは不合格になった原因を検証しましょう。

 

同じやり方で勉強しても、再び不合格になる可能性があります。

 

不合格になった原因を見極め、対処しましょう。

  • 基礎問題で多く間違えた場合は、テキストを熟読する。
  • 時間が足りなかった場合は、問題演習を増やす。
  • 苦手科目がある場合は、その分野に時間を充てる。
  • 数字問題で失敗した場合は、語呂合わせなどの工夫をしながら暗記する。

 

試験に落ちた原因を把握し、対策を立て実行することが大切です。

≫参考:社労士試験にリベンジ!2回目以降で合格するための重要ポイント

社労士試験の2年目の勉強方法【モチベーションの再確認】

モチベーションを上げる

再び勉強を始める前に、「なぜ社労士になりたいのか」を再確認してください。

 

なぜならモチベーションがなければ挫折するからです。

  • 社労士になって独立したい
  • 就職や転職をしたい
  • 社労士になって人生変えたい
  • 自分に自信をつけたい

社労士を目指す理由を再考することで、モチベーションが高まります。

 

社労士として活躍する未来を想像してみてください。モチベーションが向上します。

 

強い意志を持てば打ち勝つことができます。心構えを整えて、再開しましょう。

≫参考:社労士をとってよかったこと4選。資格を取得するメリット・デメリット解説

社労士試験の2年目の勉強方法【正しい勉強法を学ぶ】

『非常識合格法』の書籍を読む!

非常識合格法の書籍

出典:クレアール公式サイト

不合格の原因を分析し、勉強法が定まったら実行しましょう。

 

しかし、勉強をしていると、『今の勉強法で合っているのだろうか…』と不安に感じることもあります。

 

勉強法で迷ったらクレアール出版の『非常識合格法』の書籍を読んでみてください。

 

非常識合格法は社労士試験の短期合格ノウハウ本です。書籍を読むことで『正しい勉強法』を知ることができます。

 

間違った勉強法では合格できません。正しい勉強法を知ってから学習する方が効率的です。

 

筆者も非常識合格法の勉強法で下記のように高得点で合格できました。
社労士試験の合格通知

社労士試験の合格通知

 

本は100万部以上の売り上げがあり、資料請求【無料】した先着100名に無料でプレゼントしています。

 

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないので安心してご請求ください。

\  先着100名にプレゼント!/

社労士試験の2年目の勉強方法は通信講座が最適

社労士試験は難易度が非常に高いです。勉強法を誤ると、何年経っても合格できません。

 

特に独学は非常に効率が悪いため、お勧めしません。

 

筆者お勧めの勉強法は通信講座です。

社労士通信講座の特徴

  • 安く受講できる
  • テキストが読みやすい
  • 理解しやすい講師の講義

通信講座は予備校の半額以下で受講でき、合格率が独学の4倍以上の講座もあります!

 

筆者も2年目は通信講座を受講して合格できました。通信講座で十分合格できます。

 

≫参考:おすすめ社労士通信講座7選

社労士試験の2年目の勉強方法【意識すべきこと】

社労士試験の合格に頭の良さは不要

適当に勉強しても、合格が遠ざかるだけ。合格までのルートを進みましょう。

 

次のポイントを意識しながら学習を進めれば、合格に近づくでしょう。

  • 理解を念頭にテキストを読む
  • 数字をしっかりと記憶する
  • 過去5年分の過去問を3〜4回解く
  • 模試を活用して初見問題への対応力を養う

選択式対策

社労士試験の選択式受験生泣かせの選択式。

 

選択式は全科目で基準点以上の点数が必要ですが、それが難しい。

 

合格レベルの学力があっても、選択式は落ちることがあります。

 

筆者の考えは、奇問や難問は捨てる。他の受験生も解けない問題は基準点が下がる可能性が高いです。

 

一方で、誰もが解ける問題は確実に取りましょう。

 

選択式は、徹底した基礎理解が重要です。基礎問題は必ず取りましょう。

≫参考:社労士試験は理不尽!運ゲー?選択式の攻略法を合格者が解説

社労士試験の2年目の勉強方法【よくある質問】

  • 社労士試験に2年目は独学でも受かる?
  • 社労士学習に基礎固めは大事?
  • 社会人が社労士になるには何年くらい勉強すればいいですか?

社労士試験に2年目は独学でも受かる?

独学で合格する方もいます。しかし、相当な勉強量が必要です。

 

独学は挫折率が高いので個人的にはお勧めしません。

 

短期間で効率的に合格を目指すなら通信講座が最適です。

≫参考:おすすめ社労士通信講座7選

社労士学習に基礎固めは大事?

社労士試験の大半は基礎問題が出題。基礎ができれば合格できます。

 

難しい問題ばかりに手を伸ばさず、基礎の理解が大切です。

≫参考:社労士の勉強方法を合格者が解説!おすすめの勉強法を紹介

社会人が社労士になるには何年くらい勉強すればいいですか?

通常、合格には3年ほどの期間がかかります。短期合格は狙わず、長期目線で挑みましょう。

≫参考:社労士の合格に何年かかる?勉強をいつから始めたらいい【合格者が解説】

【まとめ】社労士試験の2年目の勉強方法

試験に再挑戦するために知っておくべきポイントについて解説しました。

 

いきなり勉強を再開せず、まずは不合格の原因を検証します。

 

今後の勉強方針を立て、新たな気持ちでスタートを切りましょう。

 

勉強方針で迷ったら『非常識合格法』を読みましょう。

 

非常識合格法の書籍は下記のリンクから資料請求【無料】することで入手できます。

\  先着100名にプレゼント!/

社労士試験の勉強法には通信講座がお勧めです。

 

質の高い教材を使用して合格を目指しましょう。費用も比較的安いのでお金に余裕がない方でも学ぶことができます。

 

≫参考:おすすめ社労士通信講座7選