当サイトにはプロモーションが含まれています。

社労士の勉強スケジュール!半年合格を目指す。合格者が徹底解説

社労士の試験
  • 社労士に半年で合格したい!
  • どのようなスケジュールを組めばいい?
  • 使う教材は何がいいの?

社労士試験に挑戦する方。

半年で合格したい!』と思っていませんか。

 

社労士試験の合格率は5%前後。難関試験です。半年で合格は可能なのか気になるところです。

 

★この記事を書いた人

社労士試験の合格証

社労士試験の合格証

知識ゼロから社労士試験に合格。

社労士の勉強法について情報発信しています。

そこでこの記事では、半年で合格するためのスケジュールをお伝えします。

 

この記事を読むことで短期合格の勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

社労士試験の一発合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

社労士の勉強スケジュール!半年で合格できるの?

まず、前提として社労士試験に半年で合格するのは現実的ではありません。

 

通常は1年かけて学習する人がほとんど。しかし、効率的に勉強していけば半年合格も可能です。

 

筆者は社労士試験に下記のような高得点で合格できました。

社労士の合格通知

どのように勉強すれば短期合格できるのかお伝えします。

社労士の勉強スケジュール!半年合格を目指す【準備編】

半年で合格を目指すなら下記の点を意識しましょう。

  1. 勉強時間の捻出
  2. 正しい勉強法を学ぶ
  3. 通信講座を受講する
  4. 強い想いを持つ

勉強時間の捻出

合格するには、非常に多くの学習が必要です。特に半年で合格を目指すなら短期集中して勉強しましょう。

 

初めに、学習時間の確保からスタートしましょう。

  • 毎日1時間早起きして勉強に充てる
  • 仕事が終わった後、1時間勉強してから帰宅する
  • 休日に外出せず、勉強に費やす

スキマ時間に勉強

半年で合格を目指すなら、移動中や休憩時間などの隙間時間も活用する必要があります。

 

例えば、テキストを1ページ読んだり、過去問を1問解いたりするような小さな作業でも、積み重ねれば膨大な学習量になります。

 

隙間時間は案外見つかるもの。日常の中で、10分でも勉強できる時間がないか確認してみてください。

≫参考:社労士の合格に必要な勉強時間は実際どのぐらい?【経験者が解説】

正しい勉強法を学ぶ

『非常識合格法』の書籍を無料で貰える!

非常識合格法の書籍

社労士のような難関試験は無計画な勉強では太刀打ちできません。

 

ましてや半年合格を目指すなら効率的に勉強しなければ合格は無理です。

 

多くの人が勉強法を学ばず、その日の気分で勉強内容を決めています。

 

自己流の勉強法に頼るのではなく、プロが教える勉強法を実践しましょう。

 

おすすめは、大手予備校のクレアールが出版した非常識合格法の書籍を読むことです。

 

書籍を通じて、最短かつ最速で合格する勉強法が理解できます。

 

短期合格の秘訣や科目ごとの勉強法など、受験生の知りたい情報が満載です。

 

遠回りせず、最初に正しい勉強法を身につけましょう。

 

書籍は100万部以上の売り上げがあり、資料請求した先着100名には無料でプレゼントされています。

 

Amazonでは1,500円しますが、資料請求するだけで0円で手に入ります。

 

資料請求後には、強引な押し売りやしつこい勧誘は一切ありませんので、ご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講する

社労士通信講座の特徴半年で合格を目指す場合、独学はおすすめできません。なぜなら非効率だからです。

 

そもそも社労士のような難関試験に独学で挑むのはやめましょう。

 

筆者も当初、独学でしたが内容が難しすぎて挫折しました。

 

短期合格を目指すなら通信講座一択です。

 

筆者は過去に様々な通信講座を受講しました。筆者が厳選した通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

強い想いを持つ

モチベーションを上げる

社労士に絶対合格したいという強い意志を持つことが鍵です。

 

半年での合格を目指すためには、相当な努力が不可欠。

 

社労士になりたいという強い願望があれば、努力できます。

 

筆者もフリーターの状態から社労士を目指しました。人生変えたい気持ちが大きかったので本気で勉強しました。

 

「絶対に合格する」という気持ちを強く持ってください。

社労士の勉強が進まない…効率的な学習法と7つのやる気UPのコツ

社労士の勉強スケジュール!半年合格を目指す【学習計画編】

社労士試験の学習スケジュール次の4ステップの流れで勉強します。

  • テキストの理解
  • 過去問を解く
  • 模試を受ける
  • 基本事項の最終確認

【2月~4月】テキストの理解

テキストは理解しながら解く

社労士試験では、基本事項の理解が最重要。なぜなら、試験問題の7割は基礎問題が出題されるからです。

 

合格ラインは6割です。基本事項を理解できれば、合格の可能性が大いに広がります。

 

テキストの理解が合格のカギです。

 

テキストの勉強方法として、「繰り返し学習」が極めて重要です。

 

最初は理解できなくても問題ありません。最初から最後まで読み通してみましょう。

 

全科目を読み切ることが非常に大切です。小さな達成感を味わえます。

 

2回目以降は理解に焦点を当てて読み進めましょう。繰り返していくうちに理解が一層深まります。

≫参考:社労士の勉強方法を合格者が解説!おすすめの勉強法を紹介

【5月~6月】過去問を解く

過去問

過去問を解く際は、過去5年分を使います。

 

テキストの2週目が終了した段階で過去問に取り組んでみましょう。

 

最初は解けなくても問題ありません。まずは一通り解いてみます。

 

誤答した箇所は何度も復習しましょう。過去問も繰り返し解くことで理解が進みます。

 

過去5年分の過去問に取り組んだら、再びテキストに戻ります。

 

テキスト→過去問→テキスト→過去問というサイクルで勉強することで基本事項の理解が深まります。

≫参考:社労士試験は過去問だけで受かるの?合格者が経験談を解説

【7月】模試を受ける

社労士の模試

7月は模試を受けましょう。

 

模試を受けることで、自分の実力や苦手科目、予想問題を知ることができます。

 

模試を受けたら必ず復習しましょう。受けっぱなしではなく、しっかりと復習することで学力向上が期待できます。

 

おすすめの模試としては、『資格の大原』と『TAC』です。模試は2社ほど受けましょう。

 

受け過ぎると直前期が模試で終わってしまうため、注意が必要です。

≫参考:社労士の模試がボロボロ…難しい…合格者が勉強法を解説

【8月】基本事項の最終確認

8月は試験直前期です。テキストを全科目読み返しましょう。

 

テキストで理解できなかった部分は「暗記」し、法改正情報も確認しておきましょう。

社労士の勉強スケジュール!半年合格を目指す【よくある質問】

社労士になるには何ヶ月勉強すればいいですか?

社労士になるには何ヶ月勉強すればいいですか?

通常、社労士の学習には1年程度の学習期間が必要です。

 

しかし、1日10時間など勉強時間を多く確保できる人であれば1年未満での合格も可能です。

≫参考:社労士の合格に何年かかる?勉強をいつから始めたらいい【合格者が解説】

社労士になるには最短でどのくらい勉強すればいいですか?

社労士試験に合格するには1000時間の勉強が必要と言われています。

 

しかし、通信講座など効率的に勉強すれば600~700時間で合格する人もいます。

社労士になるには働きながら何年必要ですか?

働きながら合格を目指すなら2~3年は見ておきましょう。

社労士の勉強を始める時期はいつ頃ですか?

社労士の学習には1年程度の期間を要します。よって8月~9月に勉強を開始するのがベストです。

 

しかし、個人的には社労士を目指した日から勉強することをオススメします。

 

早く始めた方が合格率が上がるからです。

【まとめ】社労士の勉強スケジュール!半年合格を目指す

社労士に半年で合格するためのスケジュールを解説しました。

 

半年で合格するのは相当大変ですが、やり方次第で合格も可能です。

 

まずは以下の点を意識しましょう。

  1. 勉強時間の捻出
  2. 正しい勉強法を学ぶ
  3. 通信講座を受講する
  4. 強い想いを持つ

やみくもに勉強しても合格できないので効率的に学習しなければなりません。

 

効率的な学習法を学ぶためにクレアールに資料請求して『非常識合格法』を入手しましょう。

 

資料請求は無料。1分で完了します。

 

資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/


社労士学習には通信講座が最適。オススメの通信講座は下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

次の4ステップの流れで勉強します。

  • テキストの理解
  • 過去問を解く
  • 模試を受ける
  • 基本事項の最終確認

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。