社労士の需要と将来性は?AI時代に仕事はなくなるのか。今後の対策も解説

社労士の将来性社労士の資格
  • 社労士って需要あるの?
  • 社労士の将来性は?
  • AIに仕事奪われる?

これから社労士に挑戦しようと思っている方。

社労士に将来性はあるの?』と気になる方も多いでしょう。

これから社労士を目指すなら社労士の需要・将来性について知りたいところです。

 

  • この記事を書いた人

私は2度の受験で社会保険労務士に合格できました。

士業の世界に身を置く者として社労士業界の動向は常に調査しています。

そこでこの記事では、社労士の需要と将来性について解説します。

 

  • この記事の結論
  • 社労士の需要はある
  • 将来性も明るい
  • 3号業務のスキル向上が重要

社労士の仕事内容

社労士は次のような業務があります。

1号業務(独占業務)労働・社会保険関係の書類作成・提出代行
2号業務(独占業務)雇用契約書・就業規則の作成といって帳簿書類の作成
3号業務(非独占業務)労働相談やアドバイスといったコンサルティング

社労士の仕事は労働・社会保険関係の書類作成、企業が抱える労働問題のコンサルティングが主な業務です。

なかでも1号業務と2号業務は社労士にしかできない業務です。

≫参考:社労士の仕事内容は?年収・将来性も解説

社労士の現状と需要

わたしたちを取り巻く環境は次のような問題があります。

  • 労働問題
  • 頻繁に起こる労働・社会保険の法改正
  • 複雑な年金制度

 

近年、長時間労働や残業代未払いなど様々な労働問題が起きています。

企業で起こる労働問題への対応が必須です。

 

労働・社会保険関係の法改正が毎年のように行われ、制度が複雑化しています。

常に最新の情報をアップデートし、法改正に対応していく必要があります。

 

老後や障害になった時に受け取れる年金。年金制度への関心が高まっている現状ですが、制度が複雑で理解が困難です。

年金相談への需要が増加しています。

 

つか
つか
上記の問題を解決できる存在として社労士の需要は今後も増していくでしょう。

≫参考:社労士をとってよかったこと4選。資格を取得するメリット・デメリット解説

社労士の将来性はないの?

aiイギリスのオックスフォード大学と野村総合研究所が『AIに代替される可能性がある職業』という共同研究を行いました。

AIに代替される可能性がある職業のなかに社労士も含まれいます。

 

調査によると、社労士業務の79.7%はAIによって代替される可能性があるという結果でした。

社労士業務の約8割はAIに奪われるので『社労士の将来性はないんじゃないの』と思う方もいるでしょう。

 

それを踏まえたうえで、社労士の将来性が明るい理由を解説します。

今後も社労士の将来性は明るい理由

今後、単純な書類作成はAIによって代替されていくでしょう。書類作成とは1号業務、2号業務を指します。

 

企業でも人件費削減の観点からAIシステムを導入していくでしょう。今後、1号業務と2号業務はAIに奪われるかもしれません。

 

一方で、3号業務はAIに奪われる可能性は低いです。

3号業務は人事労務の相談に乗り、解決に導く業務。簡単にいえば労働関係のコンサルティングです。

 

様々な労働問題を解決するには相談者とコミュニケーションを取りながら個別に対応していく必要があります。

 

つまり、『人間対人間』の問題なので対話のなかで結論を導き出す必要があります。

AIは単純な機械的な作業は得意でしょうが、相談に乗りコンサルする技術はないでしょう。

 

つか
つか
社労士の将来性が明るい理由は3号業務の需要があるからです。

現場から思うこと【需要・将来性】

士業の世界に身を置く者として感じることですが、確かにITの発展によって手続きが簡略化している傾向はあります。

優秀なソフトやアプリが開発されたことで、専門家に頼まなくても自社で完結できます。

 

だからといって仕事が減ったという感覚はありません。なぜなら社労士を含め士業の仕事は単純ではないからです。

つまり、簡単な書類作成だけ扱っているわけではないからです。

 

依頼者と対話し、相談しながら進めていく業務。重要な法的判断が求められる業務などは専門家に依頼します。

このように専門家の力が必要な業務はたくさんあります。

 

またAIが騒がれはじめてから5年以上たちますが、5年前と今を比べて特段なにか変化が起こっていると感じたことはないです。AIに奪われていると感じることもありません。

 

確かに未来はAIの時代がくるかもしれません。ただ現状から判断して数年で劇的に変わるとは思えません。

 

つか
つか
先を見据えて今からAI対策を講じておくことは大切ですが、急激に仕事が減っていくことは考えにくいです。

社労士の需要・将来性から見える今後の対策

社労士の需要と将来性を見てきました。今後の社労士は時代の流れに即した対応が必要です。

 

1号業務、2号業務といった単純な書類作成はAIにより『自動化』されていくでしょう。

から1号業務、2号業務に注力することは賢明とはいえません。

 

今後は3号業務が社労士の主役になっていくことが予想されます。

労働問題について、丁寧に対応し解決法を提示していく『コンサル社労士』が求められるでしょう。

 

つか
つか
AI時代に備えて3号業務のスキルを磨いておくことが重要です。

今から社労士を目指しても大丈夫?【需要・将来性】

悩んでいる人『社労士の将来性が不安…今から目指しても大丈夫?』と不安になる方もいるでしょう。

社労士は難関資格。合格には1000時間以上の勉強が必要。1年で合格する人は少なく3~4年勉強する覚悟が必要です。

 

将来性がないなら何年も勉強するのが時間の無駄』と考えてしまいます。

しかし、上記で解説したとおり社労士の需要は高く、将来性は明るいです。

 

つか
つか
今から目指す価値のある資格です。

 

  • 社労士の合格にむけて

できるだけ費用をかけずに、かつ短期間で合格を目指したい方は通信講座の活用をオススメします。

 

私自身、知識ゼロ状態から通信講座で合格できました。オススメの通信講座は下記の記事を参考にしてください。

 

行政書士と社労士の将来性の比較

社労士の隣接資格でもある行政書士。将来性はどっちが高いの?と考える方もいるでしょう。

イギリスのオックスフォード大学と野村総合研究所の共同研究によると、行政書士業務の93.1%はAIに代替される可能性があるという結果がでました。

 

行政書士の仕事の9割はAIが行えるということです。

行政書士の仕事は書類作成がメイン。書類作成はAIと相性がいいので、行政書士が受ける影響は大きいでしょう。

 

社労士には3号業務があります。行政書士と比べると社労士の方が将来性は明るいと考えます。

≫参考:社労士と行政書士の難易度を徹底比較【合格者が解説】

中小企業診断士の将来性

上記の研究では中小企業診断士の0.2%がAIに代替される可能性があるという結果でした。

中小企業診断士はコンサルティング業務がメインのためAIの影響をほぼ受けません。

将来性に関して中小企業診断士は明るいといえます。

 

ただし、中小企業診断士は名称独占資格。AIとは別の観点で活かし方が難しい資格です。

個人的には独占業務がある社労士の方が総合的に見て将来性があると考えます。

まとめ【社労士の需要・将来性について】

歩くビジネスマンと道のり社労士の需要・将来性について解説してきました。

社労士業務の一部も時代の流れとともに淘汰されていくでしょう。

 

一方で、AIには代替できない『人間対人間』のコミュニケーションによって解決していく業務は今後も需要があります。

今後の社労士は相談・解決スキルを向上させていくことが重要です。

 

社会保険労務士に関する下記の記事も参考にしてください。




※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

 

著者プロフィール

平成30年度の社会保険労務士試験に合格。

事務指定講習も受講済み。

知識0~社会保険労務士になる方法ブログを開設し情報発信しています。

現役の行政書士として活動中。