社労士をとってよかったこと4選。資格を取得するメリット・デメリット解説

働く社労士社労士の資格
  • 社労士を取得してよかったことは?
  • 逆にデメリットはある?
  • 社労士はオススメできる資格なの?

社労士に興味がある方。

社労士を取得するメリット』について気になっていませんか。

個人的に社労士は人生を変えるほどインパクトのある資格だと思っています。

 

  • この記事を書いた人

私は2度の受験で社会保険労務士に合格できました。

社労士の勉強法や仕事内容について情報発信しています。

そこでこの記事では、個人的に社労士を取得してよかったこと4選を解説します。

これから社労士を目指す方は参考にしてください。

社労士をとってよかったこと4選【メリット】

メリット

  • 就職・転職に有利
  • 独立できる
  • 日常で役立つ知識が手に入る
  • 大きな自信になる

就職・転職に有利

社労士は就職・転職に有利な資格。働き方改革、ブラック企業問題など社労士の需要は増大しています。

このような背景から社労士の活躍する場所は増えています。働き口が多いので就職・転職しやすい資格です。

≫参考:社労士の合格後に就職・転職したい!実務経験なしでも大丈夫?

 

終身雇用制度が崩壊しかけている今、1つの企業で定年まで働き続けるのは難しくなりました。

 

もし職を失った場合、スキルや資格がないと再就職は難しくなります。社労士を持っていることで再就職に有利に働きます。

万一、解雇されても『自分には社労士がある』という安心感を持った状態で仕事ができます。

≫参考:社労士は転職に不利?社会保険労務士の就職事情を解説

独立できる

社労士は独立開業できる資格です。

独立すれば、個人の力量次第で年収1,000万円も夢ではありません。正に一発逆転資格です。

さらに、会社員のように時間に縛られず自由に仕事ができます。

 

つか
つか
営業努力は必要ですが、自由に仕事ができて、かつ高収入も狙えるので資格です。

≫参考:社会保険労務士(社労士)の仕事内容は?年収・将来性も解説

日常生活で役立つ知識が手に入る

社労士は労働基準法や健康保険、年金といった私たちの身近な法律を勉強します。

一例として、勉強することで次のようなことがわかります。

  • 労働者としての自分を守る法律知識が身につく
  • 職を失ったときの失業手当の額やもらえる期間がわかる
  • 病気やケガをしたときに受け取れる給付金がわかる
  • 年金制度について深く理解できる

社労士を勉強したことで得られた知識は今後の人生で役立ちます。

知ってるか、知らないかで結果が変わる世界なので、勉強するメリットは大きいです。

 

社労士の勉強することで自分や家族・友人を守る法律知識が身につきます。

大きな自信になる

あくまで私個人が感じたことです。

正直、私は人に誇れるような人生は送ってきてはいません。そのためイマイチ自分に自信がありませんでした。

 

しかし、社労士に合格したことで大きな自信が手に入りました。

 

実際に勉強した方はわかると思いますが、社労士の勉強はキツイです。そのため数年かけて合格したときの喜びは計り知れないものがありました。

 

この大変な経験があったおかげで、大抵の困難も『社労士の勉強に比べれば楽勝』と思えるようになりました。

【まとめ】社労士をとってよかったこと4選【メリット】

社労士を取ってよかったこと4選をお伝えしてきました。

 

今の時代、自分を守る武器として社労士を持っていることは大きなプラスになります。

勉強は大変ですが、個人的には人生を変えるほどインパクトのある資格だと思っています。

星の数ほど資格がありますが、社労士はオススメできる資格です。

≫参考:社労士資格の活かし方を徹底解説!独立、就職・転職に活用できるの?

 

一方で『社労士はとっても意味がない』という意見もあります。その理由について解説していきます。

社労士はとっても意味ないと言われる理由【デメリット】

デメリット

  • 社労士になるハードルが高い
  • 知名度がないから食えない
  • 独立しても廃業する
  • AIに仕事を奪われる

社労士になるハードルが高い

社労士は合格率が約6%の難関試験です。多くの方は試験に受からず途中で挫折していきます。

ネット上では不合格者の妬みで『社労士なんて取得しても意味ない』という声も聞かれます。

 

確かに社労士は簡単な試験ではありませんが、正しい勉強法でコツコツ学んでいけば合格できる試験です。

ネット上の否定的な意見に左右されずに地道に努力することが大切です。

【参考】正しい勉強法を最短で学ぶ方法
  • 非常識合格法の書籍を読む

参考までに正しい勉強法を知るうえで参考になる書籍を紹介します。

非常識合格法の書籍

『非常識合格法』は社労士一発合格者のノウハウが詰まった書籍です。この本を読むことで社労士試験を『最短最速で合格する方法』がわかります。

 

合格するための勉強法、学習スケジュールの立て方など受験生が悩むポイントがわかりやすく解説されています。

 

正しい勉強法を知ることで回り道せず、最短ルートで合格に辿り着きます。

執筆者である北村先生は『年金博士』と呼ばれ多数のテレビに出演しています。

 

大手資格予備校のクレアールに資料請求するだけで、無料で書籍を入手できます。資料請求は無料です。

 

本は100万部以上の売り上げがあり、資料請求した先着100名に無料でプレゼントしています。

Amazonだと1,650円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。

\  簡単!1分で入力完了!/


※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

知名度がないから食えない

士業のなかで弁護士や税理士に比べて社労士はあまり知られていません。

認知度が低いため、仕事がないのでは?と思われています。

しかし、全くの誤解です。名前の知名度と仕事量は関係ありません。

 

社会保険の手続き、職場環境の改善や年金相談など社労士の業務範囲は広く、社労士の仕事はむしろ多いです。

企業のコンプライアンスが叫ばれている今、社労士の仕事は増えていくでしょう。

≫参考:社労士は『食えない』『仕事ない』は本当?社会保険労務士の実情を解説

独立しても廃業する

社労士を取って独立しても廃業してしまうという意見もあります。

確かに資格をもっているだけで成功できるほど甘い世界ではありません。

 

しかし、社労士に限らず、どんな業種であっても廃業するリスクはあります。

今の時代、弁護士でも食えないといわれています。結局は資格ではなく個人の営業力次第です。

 

社労士だから失敗しやすいとか、弁護士だから成功しやすいとか関係ありません。

年収億越えの社労士もいれば、100万以下の弁護士もいるのです。

成功するか、失敗するかは個人の努力次第。社労士は関係ないです。

AIに仕事を奪われる

イギリスのオックスフォード大学と野村総合研究所が『AIに代替される可能性がある職業』という共同研究を行いました。

 

すると、社労士業務の79.7%はAIによって代替される可能性があるという結果がでました。

つまり、社労士業務の8割はAIに奪われる可能性があるということです。

 

今後はAIによって社労士業務の一部は代替されていくでしょう。しかし、AIが代替できない社労士業務も存在します。

 

経営者や労働者の相談に乗り、解決に導く業務。つまりコンサルティング業務です。

単純な書類作成はAIが得意です。しかし、相談に乗りコンサルする技術はAIにはありません。

今後はコンサルできる社労士が生き残っていくでしょう。

≫参考:社労士の需要と将来性は?AI時代に仕事はなくなるのか。今後の対策も解説

【まとめ】社労士をとってよかったこと4選

実際に社労士をとってよかったことを解説してきました。

個人的によかったと思う点は次の4つです。

  • 就職・転職に有利
  • 独立できる
  • 日常で役立つ知識が手に入る
  • 大きな自信になる

一方で社労士を取っても意味がないという意見もあります。

  • 知名度がないから食えない
  • 独立しても廃業する
  • AIに仕事を奪われる

様々な意見がありますが、個人的に社労士はとって損はない資格だと思います。

むしろ人生一発逆転になり得る資格です。私自身、資格を取って人生が変わりました。気になっている方は目指してみてはいかがでしょう。

 

≫参考:おすすめの社労士通信講座7選

 

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。





※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。