【社会保険労務士になるには?】合格者が教える!社労士になる方法

仕事する社労士社労士の資格
『社会保険労務士になる方法』を詳しく教えて下さい。

 

社会保険労務士になりたい方!

社労士の資格は人気で目指す方も大勢います。

どうやったら社労士になれるの?』と気になる方も多いでしょう。

 

つか
つか
私は社労士の有資格者で、社労士の資格や勉強法について解説しています。

 

そこでこの記事では、どうやったら社労士になれるのか解説します。

この記事を読むことで社労士になる方法が理解できます。

社会保険労務士とは

社労士社会保険労務士とは『社会保険労務士法』に規定されている国家資格です。

略称で社労士と呼ばれています。

≫参考:【社労士とは?】合格者が教える!試験・仕事内容・将来性について解説

 

社労士とは社会保険・労働関連の法律の専門家です。業務内容は社会保険・労働関連の法律に基づいた書類作成や相談に応じます。

 

例えば、

  • 従業員の入退社で発生する社会保険の手続き
  • 就業規則の作成
  • 雇用契約書の作成
  • 労働問題のコンサルティング
  • 年金相談など

≫参考:社会保険労務士(社労士)の仕事内容は?年収・将来性も解説

社会保険労務士になるには【4つのステップ】

ステップアップ社労士になるには次の4つのステップを順にクリアしていきます。

  1. 受験資格を確認
  2. 社会保険労務士試験に合格する
  3. 実務経験を得る又は講習を受講する
  4. 社会保険労務士の登録する

1つ1つ解説していきます。

受験資格を確認

受験票社会保険労務士の試験には受験資格があります。誰でも受験ができるわけではありません。

 

社労士試験を受験するには次の3つの内いずれか1つを満たす必要があります。

  1. 学歴
  2. 実務経験
  3. 試験合格者

学歴

学歴

  • 大学
  • 短期大学
  • 専門職大学
  • 専門職短期大学
  • 高等専門学校(5年制)

上記のいずれかの学校を卒業していれば受験資格を満たします。

なお学部学科は問いません。

 

  • 大学在学中、又は中退者の場合
  • 学位を得るのに必要な一般教養科目を終えた者
  • 卒業必須単位62単位以上を修得した者

上記の1つでも満たせば受験資格を得ることができます。

大学を卒業していなくても社労士受験は可能です。

 

つか
つか
大学や短大等の卒業生は受験資格があります。

≫参考:社労士を大学生が取得するメリット!就職に有利?オススメの勉強法

高卒・中卒は受験資格を満たせない

最終学歴が『高卒』や『中卒』の方は残念ながら受験資格を満たしません。

『学歴』以外の要件である『実務経験』、『試験合格』のいずれかを満たす必要があります。

  • 3年以上の『実務経験』を積む
  • 所定の『試験合格者』を取得する

 

つか
つか
3年の実務経験は長いので高卒、中卒の方は試験合格を目指した方が早いです。

所定の試験の内容は後述します。

2.実務経験

社会保険労務士の試験は『3年以上の実務経験』があれば受験資格を得ます。

実務経験先として以下の場所があります。

  • 公務員として3年以上従事
  • 労働組合員として3年以上従事
  • 社労士、又は弁護士の補助者として3年以上従事
  • 労働社会保険諸法令に関する事務に3年以上従事

実務経験があれば『学歴』、『試験合格者』の要件を満たしていなくても受験できます。

 

  • 実務経験先について

公務員や労働組合員になるのは容易ではありません。

可能であれば社労士事務所の補助者になることをお勧めします。

受験資格も得られて、社労士の業務も経験できるので一石二鳥です。

≫参考:勤務社労士にできることは?仕事内容やメリット、おすすめ求人サイトも紹介

3.試験合格者

所定の試験に合格している方は社労士試験の受験資格があります。

  • 所定の試験

『学歴』や『実務経験』がない場合は自分が取れそうな資格や試験を受けてください。

 

どんな試験がいいのか悩んでいる方は行政書士をお勧めします。行政書士試験は『受験資格がない』ため誰でも受験できます。

 

行政書士試験は法律資格の登竜門ともいわれ、法律の基礎が学べます。行政書士の学習で培った知識は社労士の勉強にも役立つでしょう。

 

[/su_note]
つか
つか
私も行政書士から入り、その後社労士の勉強を始めました。行政書士で学んだ経験は役立ちました。

≫参考:行政書士から社労士を受験!ダブルライセンスのメリット【合格者が解説】

社会保険労務士の試験に合格する

社会保険労務士試験会場 (1)受験資格をクリアしたら『社会保険労務士の試験』に挑戦しましょう。

まずは試験の概要について見ていきます。

 

  • 試験の概要

【試験日】

試験は年1回8月下旬の日曜日に開催。

【申込期間】

4月中旬~5月下旬。

【合格発表日】

10月末。

【試験科目】

①労働基準法及び労働安全衛生法
②労働者災害補償保険法
③雇用保険法
④労務管理その他の労働に関する一般常識
➄社会保険に関する一般常識
⑥健康保険法
⑦厚生年金保険法
⑧国民年金法

上記の8科目から出題されます。試験では労働・社会保険関係の法律問題が出題されます。

1つ1つ科目の範囲が広いのが特徴です。

 

【出題形式】

社労士試験は『選択式』と『択一式』の2形式で出題されます。

 

  • 選択式

文章が虫食い状態のように5か所が空欄20の選択肢から選ぶ。

 

  • 択一式

5つの文章のなかから『正しいもの』又は『誤っているもの』を1つ選ぶ。

 

  • 試験はマークシートで解答

マークシート試験全てマークシートで解答します。文章を書くような解答方式ではないので、比較的解きやすいです。

 

【出題数と配点】

択一式と選択式の問題数と配点は次のとおりです。

  • 択一式は全70問で70点満点
  • 選択式は全40問で40点満点
試験科目択一式 計7科目(配点)選択式 計8科目(配点)
労働基準法及び労働安全衛生法10問(10点)1問(5点)
労働者災害補償保険法
(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。)
10問(10点)1問(5点)
雇用保険法
(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。)
10問(10点)1問(5点)
労務管理その他の労働に関する一般常識10問(10点)1問(5点)
社会保険に関する一般常識1問(5点)
健康保険法10問(10点)1問(5点)
厚生年金保険法10問(10点)1問(5点)
国民年金法10問(10点)1問(5点)
合  計70問(70点)8問(40点)

引用:社会保険労務士試験オフィシャルサイト

【合格基準点】

社労士の合格基準点は厚生労働省で次のように定められています。

基準点に達することで合格となります。

 

  • 選択式

総得点40点中28点以上、かつ各科目5点中3点以上

  • 択一式

総得点70点中49点以上、かつ各科目10点中4点以上

上記の基準点は年度ごと試験の難易度によって変動します。

難しい試験の年は基準点が下がります。

 

例えば、令和2年の試験の合格基準点は次のとおりです。

  • 選択式

総得点25点以上かつ各科目3点以上(ただし、「労働に関する一般常識」「社会保険に関する一般常識」及び「健康保険法」は2点以上)

  • 択一式

総得点44点以上かつ各科目4点以上

このように年度ごと基準点が変わります。

 

次に試験の難易度を知るために過去5年間の合格率を見ていきましょう!

過去5年の社労士試験の合格率【6%程度】

実施年度合格率
2016年(平成28年)4.4%
2017年(平成29年)6.8%
2018年(平成30年)6.3%
2019年(令和元年)6.6%
2020年(令和2年)6.4%

過去5年の合格率の推移を見ると6%程度です。100人受けて6人受かる計算になります。

合格率から社労士は簡単な試験ではないことがわかります。

≫参考:社労士の難易度を解説!社会保険労務士は難しい?【合格者が解説】

社労士試験が難しい理由

悩む女性

  • 試験範囲が広い
  • 全科目で基準点を取らなければならない

試験範囲が広い

社会保険労務士の試験は8科目もあります。1つ1つの科目だけでも範囲が広いです。

 

更に試験は毎年多くの法改正の問題が出題されます。そのため常に最新情報を把握しておかなければなりません。

全科目で基準点を取らなければならない

この試験で最も苦労するのは全科目で基準点以上とらなければいけないことです。

7科目すべてが満点でも、残りの1科目が基準点に達していなければ不合格になります。

 

全科目で基準点以上をとらなければならないため、苦手科目をつくることができないのです。

 

つか
つか
あと1点足らずに『足きり』で不合格になる受験生もいます。

≫参考:社労士の合格率が低い7つの理由

社労士の勉強方法【オススメは通信講座】

パソコンで社労士の勉強社労士の勉強方法は次の3つが考えられます。

  1. 独学
  2. 通信講座を受講
  3. 資格予備校に通う

まず独学はお勧めできません。なぜなら社労士は難関試験だからです。

 

参考書や問題集を買ってきて自分ひとりで勉強して合格するのは至難の業です。

合格している方もいると思いますが、多くの時間と労力が必要でしょう。

合格を目指すなら『通信講座』か『予備校』の2択をお勧めします。

通信講座の特徴

  • 予備校より費用が安い

通信講座は予備校に通うより費用が安くすみます。相場は5万~10万円程度です。

 

  • 自分のペースで勉強できる

予備校のように決められた時間に講義を受ける必要はありません。

自分が勉強したい時に自分のペースで勉強できます。

 

  • 質の高い講義をどこでも聴ける

通信講座は講義がCDやDVDに収録されているため移動中や隙間時間で勉強することができます。

また講義を繰り返し聞くことができるので復習には最適です。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

予備校の特徴

  • 学習環境に身を置ける

予備校では勉強スケジュールが決められているので、時間がくれば勉強しなければなりません。

自分一人では怠けてしまう方はスケジュール管理がされている予備校がお勧めです。

 

  • 講師に直接質問できる

勉強していると必ずわからない部分がでてきます。わからない部分を直接質問できるのは大きなメリットです。

 

自分で調べると何時間もかかることが先生に聞いて5分で解決することはよくあります。

 

  • 切磋琢磨できる仲間に出会える

予備校に通えば同じ社労士を目指している仲間に出会えます。

1人で勉強するのが不安、勉強仲間が欲しい方は予備校をお勧めします。

 

つか
つか
個人的に通信講座をお勧めします。今の通信講座は格安で、質の高い講義を受講できます。

 

≫参考:おすすめの社労士通信講座7選

実務経験を得る又は講習を受講する

会議室社会保険労務士になるには試験合格に加えて『2年間の実務経験』が必要です。

 

社労士事務所などに就職して経験を積まなければなりません。しかし、2年以上も社労士事務所で働くのは大変です。

 

そこで、全国社会保険労務士会連合会が実施する『事務指定講習』を受講すれば2年間の実務経験が免除されます。

 

事務指定講習は修了まで約4か月かかります。2年間の実務経験を積むよりも短期間で要件を満たすことができます。

 

多くの方は『事務指定講習』を受講しています。

社会保険労務士の登録をする

社会保険労務士事務所社労士の登録をするには全国社会保険労務士会連合会の名簿に登録しなければなりません。

 

  • 社労士登録までの流れ

①入会予定の社会保険労務士会に登録申請

社労士業務を行う県の社会保険労務士会に登録申請書類一式を提出します。

 

全国社会保険労務士会連合会で審査。

登録申請書類一式の確認作業が行われます。問題がなければ社会保険労務士として登録完了です。

≫参考:社労士の合格後に就職・転職したい!実務経験なしでも大丈夫?

登録に必要な費用

社労士登録にはお金がかかります。

都道府県社労士会と全国社会保険労務士会連合会にそれぞれ納めます。

登録にかかる費用の総額は20万円程度です。

≫参考:社労士資格の活かし方を徹底解説!独立、就職・転職に活用できるの?

まとめ【社労士になるには】

喜ぶ社労士社労士になる方法について解説してきました。

 

社労士になるには次の4つの順に進めていきます。

  1. 受験資格を確認
  2. 試験に合格する
  3. 実務経験を得る又は講習を受講する
  4. 社会保険労務士の登録

まずは自分に受験資格があるのか確認してください。受験資格をクリアしたら試験勉強を開始します。

 

社労士の試験は合格率が6%台の難関資格です。

正しい勉強方法でゴールを目指しましょう。

具体的には通信教育か予備校に通うことをお勧めします。独学は非効率なのでお勧めしません。

 

試験合格後、実務経験がなければ『事務指定講習』を受講して登録要件を満たしてください。

最後は社会保険労務士会に登録の手続きを行い、問題がなければ晴れて社労士になれます。

 

≫参考:おすすめの社労士通信講座7選

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。

著者プロフィール

平成30年度の社会保険労務士試験に合格。

事務指定講習も受講済み。

知識0~社会保険労務士になる方法ブログを開設し情報発信しています。

現役の行政書士として活動中。