社労士を受けたい!高卒・中卒から『最短』で受験資格を得る方法

学歴社労士の試験
高卒・中卒が最短で社労士の受験資格を得る方法が知りたいです!

 

社労士試験には受験資格の定めがあります。高卒・中卒の方でも要件を満たせば受験することは可能です。

 

  • この記事を書いた人

私は2度の受験で社労士に合格できました。

社労士の勉強方法について情報発信しています。

そこでこの記事では、高卒・中卒の方が最短で社労士の受験資格を得る方法を解説します。

 

  • この記事の結論
  • 最短で受験資格を得るなら行政書士を取得する
  • 行政書士を目指すことはメリットだらけ

社労士の受験資格について

受験票社労士試験には受験資格が設けられています。受験資格がなければ試験を受けることができません。

 

受験資格は次の3つのうち、いずれか1つを満たしていればOKです。

  1. 学歴
  2. 実務経験
  3. 試験合格者

学歴

  • 大学
  • 短期大学
  • 専門職大学
  • 専門職短期大学
  • 高等専門学校(5年制)

上記の学校を卒業していれば受験資格を満たします。大学在学中であっても所定の単位を取得していれば受験可能です。

 

最終学歴が『高卒』・『中卒』の方は残念ながら受験資格を満たしません。

実務経験

2年以上の実務経験があれば受験資格を得ることができます。

 

  • 実務経験の内容
  • 公務員として2年以上従事
  • 労働組合員として2年以上従事
  • 社労士、又は弁護士の補助者として2年以上従事
  • 労働社会保険諸法令に関する事務に2年以上従事

労働・社会保険関係の業務に携わっていることが必要。要は社労士業務を2年間行っていればOKです。

試験合格者

所定の試験に合格していれば受験資格を得ることができます。

 

  • 所定の試験

厚生労働大臣が認めた国家試験とは弁理士や公認会計士など簡単には取れない資格ばかりです。

司法試験予備試験の合格もかなり大変です。

目指すなら行政書士試験の合格になります。

【まとめ】社労士の受験資格

社労士の受験資格について見てきました。高卒・中卒の方が目指すべきは『実務経験』、『所定の試験合格』の2択になるでしょう。

 

次に『実務経験』、『所定の試験合格』のメリット・デメリットについて見ていきます。

実務経験のメリット・デメリット

働く社労士

  • メリット

社労士の実務を学べます。社労士の実務経験があると試験合格後の独立や転職に有利です。

 

社労士資格を取っていきなり独立する人もいます。しかし、可能であれば実務経験はあった方がいいです。

 

社労士で転職する際も実務経験があると有利です。求人によっては『実務経験必須』のところもあります。

 

  • デメリット

実務経験が2年も必要なことです。『社労士を受けたい!』と思っても2年は我慢しなければなりません。

 

そもそも社労士は就職先が少ないと言われています。

『実務経験を積みたくても雇ってくれる事務所がない!』と思われています。

 

確かに働き口が多い業界ではありませんが、探し方を工夫すれば見つけることも可能です。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

所定の試験合格のメリット・デメリット

勉強する人所定の試験のなかで行政書士を受験することをオススメします。一般的に行政書士を受験する人が多いからです。

 

  • 行政書士を受験するメリット

行政書士試験には受験資格がないので誰でも受験できます。

行政書士は法律の入門資格といわれ、法律の基礎をしっかり勉強します。

 

社労士も法律系の資格です。試験科目は被っていませんが、法律用語や条文の読み方など法律の基礎知識が既にあると社労士の内容も理解しやすいです。

 

実務の観点からも行政書士と社労士のダブルライセンスは有利です。2つの資格は相性がよく、独立で成功しやすくなります。

 

社労士のダブルライセンスに合う資格は色々ありますが、個人的に行政書士が一番だと思います。

 

  • 行政書士を受験するデメリット

行政書士は合格率10%台の難関試験です。難易度は社労士より少し易しいレベルです。効率よく勉強しなければ数年の勉強が必要になります。

【結論】高卒・中卒が最短で社労士の受験資格を得るには『行政書士合格』が最適

ポイント個人的にオススメするのは行政書士に合格してから社労士を目指すことです。

私もこのルートで社労士を受験しました。

 

社労士の受験資格を得るために大学や短大に行くのは費用と時間がかかります。

 

実務経験から受験資格を得る方法もアリですが、2年は長すぎます。途中で退職するリスクもあるので個人的にはオススメしません。

 

最短で受験資格を得るなら行政書士に合格する方法がいいです。確かに行政書士も難関で数カ月程度で受かる試験ではありません。

 

しかし、正しい勉強法でコツコツ努力できれば1年で合格することも可能です。

【参考】高卒が行政書士と社労士に最短最速で合格する方法

私は行政書士と社労士に合格するまでに5年以上かかりました。初学者だったこともあり正しい勉強法がわからないまま我流で行っていました。

 

これから行政書士と社労士を目指す方は我流で勉強しないことをオススメします。『正しい勉強法』を知ってから学習をスタートしてください。

 

間違った勉強法では何年かかっても合格できません。

 

正しい勉強法を知るうえで参考になる『非常識合格法』という書籍をご紹介します。

出典:クレアール公式サイト

非常識合格法は効率的に行政書士試験に合格する方法が書かれた書籍です。

この本を読むことで行政書士試験に最短最速で合格する方法がわかります。

 

合格するための勉強法、短期合格のコツなど受験生が知りたい情報がわかりやすく解説されています。

 

今だけ、クレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼントしています。

Amazonだと1,600円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。資料請求も無料です。

 

正しい勉強法を知って回り道せず、最短ルートで合格を目指してください。

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  簡単!1分で入力完了!/

非常識合格法の書籍

上記の行政書士試験を最短最速で合格するための参考書籍を紹介しましたが、社労士版でも同じような書籍があります。

 

社労士試験に最短最速で合格するための勉強法が書かれた書籍もあるので、行政書士と一緒に入手してみてください。

 

こちらもクレアールに無料で資料請求するだけで入手できます。リスクゼロで正しい勉強法がわかるので、持っていて損はないです。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  簡単!1分で入力完了!/

【まとめ】社労士を受けたい!高卒・中卒から最短で受験資格を得る方法

高卒・中卒の方が最短で社労士の受験資格を得る方法について解説してきました。

オススメは行政書士に合格してから社労士を受験する方法です。

 

行政書士で学んだ知識は社労士の勉強でも活きてきます。学習面だけでなく実務面においても行政書士と社労士のダブルライセンスは有利です。

独立すれば使い方次第で収入を大きく伸ばすことができます。