社労士の勉強方法を合格者が解説!おすすめの勉強法を紹介

社労士の勉強法を解説社労士の試験
社労士の勉強法を教えて下さい!

 

これから社労士に挑戦しようと思っている方。

『社労士の勉強法』について気になっている方も多いと思います。

実は効率的な勉強法を実践することで、短期間で合格することは可能です。

 

  • この記事を書いた人

私は知識ゼロから社会保険労務士に合格できました。

社労士受験生に向けて実際に合格した勉強法を伝えています。

そこでこの記事では、短期間で社労士に合格する勉強法を解説します。

 

この記事を読むことで効率学習によって試験を突破する勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

社会保険労務士の勉強方法

短期間で合格するためには無駄を省いて効率的に学習する必要があります。

 

次のことを意識してみてください。

  • 1年学習で1000時間の確保
  • ノートは不要
  • 過去問は5年分でOK
  • 正しい勉強法を知る
  • 通信講座を受講

最低1000時間の勉強時間を確保

合格には絶対的な学習量が必要です。一般的に1000時間は必要といわれています。

 

学習期間を1年以内とし、その期間内で1000時間の確保を目指しましょう。

 

最短で合格するには短期間でまとまった学習量が必要です。

 

2~3年で1000時間ではなく、1年以内で1000時間を確保することが重要です。

 

受験生の大半は社会人。忙しい方が多いと思います。移動時間や休憩時間などスキマ時間をうまく活用することが重要です。

≫参考:社労士の合格に必要な勉強時間は実際どのぐらい?

自作ノートは不要

学習内容をまとめた自作ノートを作る人がいますがオススメしません。理由はノート作りに時間を取られるからです。

 

キレイに書き直したり、様々な色分けをしたりとノート作りが目的になってしまう恐れがあります。

 

自作ノートは不要です。メモしたいことはテキストに直接記入しましょう。

過去問は直近5年分でOK

試験攻略に過去問は必須。ただし注意が必要です。

 

過去問をやる目的は次の2点。

  • 出題形式の把握
  • 過去問の理解

何十年も遡って過去問を解く人がいますが合理的ではありません。遡る分だけ時間と労力がかかります。

 

10年、20年分の過去問を解くより、直近5年の過去問の内容を理解するような勉強法が効果的です。

 

答えを暗記するのではなく、『なぜ』そのような解答になったのか説明できることが重要です。

 

過去問対策は必須ですが、やりすぎは注意です。

≫参考:社労士試験は過去問だけで受かるの?合格者が経験談を解説

正しい勉強法を知る

非常識合格法の書籍

出典:クレアール公式サイト

最初に『正しい勉強法』を知ることが重要です。なぜなら回り道せず、最短ルートで合格できるからです。

 

正しい勉強法を知るうえで参考になる『非常識合格法』という書籍を紹介します。

 

非常識合格法は社労士一発合格者のノウハウが詰まった書籍です。この本を読むことで社労士試験を『最短最速で合格する方法』がわかります。

 

合格するための勉強法、学習スケジュールの立て方など受験生が悩むポイントがわかりやすく解説されています。

 

間違った勉強法では合格できません。正しい勉強法を知ってから学習する方が効率的です。

 

非常識合格法は大手資格予備校クレアールに資料請求すると無料でもらえます。

 

執筆者である北村庄吾先生はクレアールの社労士講師です。『年金博士』と呼ばれ多数のテレビに出演しています。

 

本は100万部以上の売り上げがあり、資料請求【無料】した先着100名に無料でプレゼントしています。

 

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。

 

経験談ですが自己流だと失敗する可能性が高くなります。

 

この書籍を読んで勉強法を学び、回り道せず最短ルートで合格を目指してください。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\簡単!1分で入力完了/

独学はオススメできない

社労士の学習法は次の3つです。

  • 独学
  • 通信講座
  • 予備校

独学はおすすめできません。

社労士試験は難関資格。毎年の合格率は6%前後と低いです。

 

試験は暗記だけで受かるほど甘くはありません。理解力も問われます。独学で理解しながら学習するのは至難の業です。

≫参考:社労士資格は独学で合格できる?合格者が解説。オススメの勉強法も紹介

おすすめは通信講座

受験生の大半は社会人。仕事をしているため人が多いため勉強時間の確保が重要です。

 

通信講座ならスマホ1台でいつでもどこでも学習できるので忙しい社会人でもスキマ時間を活用して学習できます。

 

通信講座は予備校に比べて安いです。予備校の半額以下で受講できる講座もあります。

 

近年の社労士通信講座は安価なのに教材のクオリティが高いのでおすすめです。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

効率学習で社労士に合格する方法

  • 1000時間の勉強時間の確保
  • ノートは不要
  • 過去問は5年分でOK
  • 正しい勉強法を知る
  • 通信講座を受講

効率重視で社労士試験に合格するために必要なことを解説してきました。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

 

次は具体的な勉強方法について解説します。

社労士の具体的な勉強法

次の4ステップの流れで勉強します。

  1. テキストの理解
  2. 過去問を解く
  3. 模試を受ける
  4. 基本事項の最終確認

テキストの理解

社労士試験では基本事項の理解が最も重要です。なぜなら試験問題の7割は基礎問題が出題されるからです。

 

合格ラインは6割。つまり、基礎ができていれば合格できます。そのためテキストの理解は重要です。

テキストの勉強方法【繰り返し学習】

テキストは繰り返し読むことが大切です。最初は理解できなくてOK。まずは一通り読んでみましょう。

 

全科目を読み切ることが大切です。読み切ることで全体像が掴めてるし、ちょっとした達成感が得られます

 

2回目からは理解することを意識して読んでいきます。3回、4回と繰り返しているうちに理解できるようになります。

過去問を解く【過去5年分】

アウトプット学習として過去5年分の過去問を解きます。

 

テキストの2週目が終わった段階で過去問を解いてみましょう。最初は解けなくてOK。まずは一通り解きます。

 

間違えた箇所は何度も復習しましょう。過去問も繰り返しているうちに理解できるようになります。

 

5年分の過去問が終わったら、再びテキストに戻ります。

 

テキスト→過去問→テキスト→過去問

この繰り返しで基本事項は理解できます。5月までテキストと過去問を行います。

模試を受ける

5月~7月は模試を受けます。基本事項を理解できているか確認できる絶好の機会です。

 

  • 模試を受けるメリット
  • 自分の実力がわかる
  • 苦手科目がわかる
  • 予想問題を知れる
  • 試験を疑似体験できる

模試を受けたら必ず復習しましょう。受けっぱなしはダメです。模試をしっかり復習することで更なる学力アップが見込めます。

 

  • オススメの模試

市販の模試や予備校の模試など、どこの模試を受ければいいのか迷う方もいると思います。

 

経験談として受講して良かったのは『資格の大原』と『TAC』です。本講座を受講しなくても、模試のみ受講できます。

 

模試は2社ほど受ければOKです。受けすぎると直前期が模試で終わってしまいます。

基本事項の最終確認

試験直前の8月は基本事項の最終確認を行います。

 

テキストを全科目読みます。

この時点で過去問や模試はしなくてOK。テキスト学習に時間を使います。

 

テキストで理解できなかった部分は『暗記』、さらに『法改正情報』も押さえましょう。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

まとめ【社労士の勉強法】

試験勉強社労士の勉強法について見てきました。

 

短期で合格するために次の点を意識してみてください。

  • 1000時間の確保
  • ノートは不要
  • 過去問は5年分でOK
  • 正しい勉強法を知る
  • 通信講座を受講

 

合格するための勉強法は次のとおりです。

  1. テキストの理解
  2. 過去問を解く
  3. 模試を受ける
  4. 再度テキストを読む

上記の順番で勉強することで合格できます。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

 

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。