社労士の勉強方法を合格者が解説!おすすめの勉強法を紹介

社労士の試験
社労士の勉強方法を教えて下さい!

 

これから社労士に挑戦しようと思っている方。

『社労士の勉強方法』について気になっている方も多いと思います。

実は効率的な勉強法を実践することで、短期間で合格することは可能です。

 

  • この記事を書いた人

私は2度の受験で社会保険労務士に合格できました。

社労士受験生に向けて実際に合格した勉強法を伝えています。

 

そこでこの記事では、短期間で社労士に合格できる勉強方法を解説します。

この記事を読むことで無駄を省いた効率的なやり方で合格できる勉強法がわかります。

社会保険労務士の勉強方法

社労士を短期間で合格するためには無駄を省いて効率的に学習する必要があります。

 

勉強法は人によって様々。そのため、

800時間で合格する人もいれば、3,000時間以上で受からない人もいます。

 

短期間で合格している人達は『効率的』に勉強しています。

まずは短期間で合格するために次のことを意識してみてください。

  • 1年学習で1,000時間の確保
  • ノートは不要
  • 過去問は5年分でOK
  • 独学ではなく、通信講座か予備校

最低1,000時間の勉強時間の確保

合格には絶対的な学習量が必要で試験突破に1,000時間は必要といわれています。

学習期間を1年以内とし、その期間内で1,000時間の確保を目指します。

 

最短で合格するには、短期間でまとまった学習量が必要です。

2,3年で1,000時間ではなく、1年以内で1,000時間を確保することが重要です。

 

受験生の大半は社会人です。時間がない方が多いと思いますが、移動時間や休憩時間などのスキマ時間でうまく活用することが重要です。

≫参考:社労士の合格に必要な勉強時間は実際どのぐらい?

ノートは不要

学習内容をまとめたオリジナルノートを作る人がいます。しかし、オリジナルノートはオススメできません。

理由はノート作りに時間を取られるからです。

 

キレイに書き直したり、様々な色分けをしたりと、ノート作りが目的になってしまう恐れがあります。

つか
つか
自作ノートは不要です。メモしたいことは直接テキストに記入すればOKです。

過去問は直近5年分でOK

試験攻略に過去問は必須。ただし、勉強法を間違えると非効率です。

過去問をやる目的は、

  • 出題形式の把握
  • 過去問の内容理解

です。

何十年も遡って過去問を解く人がいますが、あまり合理的ではありません。

 

遡る分だけ時間と労力がかかります。また社労士学習は過去問だけでなく、テキスト学習、模試、法改正などやるべきことは沢山あります。

 

10年、20年分の過去問を解くより、直近5年の過去問を『しっかり理解』するような勉強法が効果的です。

 

つか
つか
過去問対策は必須ですが、やりすぎは注意です。

独学はオススメできない

社労士の学習法は次の3つです。

  • 独学
  • 通信講座
  • 予備校

上記のうち独学はおすすめできません。

社労士試験は難関資格。毎年の合格率は6%前後と低いです。

 

また、社労士試験は暗記だけで受かるほど甘くはありません。出題科目の理解力が問われます。

独学で理解しながら進めていくのはかなり厳しいです。

 

もちろん、不可能というつもりはありません。なかには独学で合格する人もいるでしょう。

しかし、短期間で合格するのは大変です。複数年に渡って受験勉強をする覚悟が必要といえます。

≫参考:社労士資格は独学で合格できる?合格者が解説。オススメの勉強法も紹介

おすすめは通信講座

社労士受験生の大半は社会人。仕事をしているため人が多いため時間の確保が課題です。

 

通信講座ならスマホ1台で『いつでもどこでも学習できる』ので忙しい社会人でもスキマ時間を活用して学習できます。

 

また、通信講座は予備校に比べて安いです。予備校の半額以下で受講できる講座もあります。

近年の社労士通信講座は安価なのに教材のクオリティーが高いのでおすすめです。

 

効率学習で社労士に合格する方法

  • 1,000時間の勉強時間の確保
  • ノートは不要
  • 過去問は5年分でOK
  • 独学はオススメできない

効率重視で社労士に合格するために必要なことを解説してきました。

次は具体的な勉強方法について見ていきます。

社労士の具体的な勉強法

次の4ステップの流れで勉強します。

  1. テキストの理解
  2. 過去問を解く
  3. 模試を受ける
  4. 基本事項の最終確認

テキストの理解

社労士試験では基本事項の理解が最も重要です。なぜなら試験問題の7割は基礎問題が出題されるからです。

 

合格ラインは6割。つまり、基本ができていれば合格できます。そのため、テキストの理解はとても大切です。

テキストの勉強方法【繰り返し学習】

テキストは繰り返し読むことが大切です。最初の1回目は理解できなくてもいいので、まずは全科目読んでみましょう。

 

1度全科目を読み切ることが大切です。読み切ることで全体像が掴めてるし、ちょっとした達成感を味わうことができます。

 

2回目からは理解することを意識してゆっくり読んでいきます。3回、4回と繰り返しているうちに理解できるようになります。

過去問を解く【過去5年分】

合格するためには教科書の知識を頭に詰め込んだだけではダメです。

学んだ知識を出せなくては意味がありません。つまりアウトプットです。

アウトプットの練習として過去5年分の過去問を解きます。

 

テキストの2週目が終わった段階で過去問を解いてみましょう。最初は解けなくても問題ないので全科目解きます。

 

間違えた箇所は何度も復習して理解できるようにします。過去問も繰り返し勉強すれば解けるようになってきます。

 

5年分の過去問が終わったら、再びテキストに戻ります。

テキスト→過去問→テキスト→過去問

この繰り返しで基本事項を理解することができます。5月までテキストと過去問学習を行います。

模試を受ける

直前期(5月~7月)には模試を受けます。基本事項ができているかを確認できる絶好の機会なので積極的に受けましょう。

 

  • 模試を受けるメリット
  • 自分の実力がわかる
  • 苦手科目がわかる
  • 本試験でも出題される可能性がある
  • 試験を疑似体験できる

模試を受けたら必ず復習しましょう。受けっぱなしはダメです。

模試をしっかり復習することで更なる学力アップが見込めます。

 

  • オススメの模試

どこの模試を受ければいいのか迷う方もいると思います。模試といっても、市販の模試や予備校の模試など色々あります。

 

実体験で受けて良かったのは『資格の大原』と『TAC』です。これらは本講座を受講しなくても、模試のみ受講できます。

 

模試は2社ほど受ければOKです。受けすぎると貴重な直前期が模試だけで終わってしまいます。

基本事項の最終確認

試験直前の最後の1ヶ月は基本事項の最終確認をします。

 

つまり、テキストを全科目もう一度読み直します。

この時点で過去問や模試はしなくてOKです。テキスト学習に時間を使います。

 

また、テキストで理解できなかった部分は『暗記』、さらに『法改正情報』も押さえましょう。

 

つか
つか
法改正情報はかなり重要です。改正点を把握してないと合格は難しいでしょう。

まとめ【社労士の勉強法】

試験勉強社労士の勉強法について見てきました。

最短で合格するために、次の点を意識してみてください。

  • 1,000時間の確保
  • ノートは不要
  • 過去問は5年分だけ
  • 独学では挑まない

合格するための勉強法は、

  1. テキストの理解
  2. 過去問を解く
  3. 模試を受ける
  4. 再度テキストを読む

です。上記の順番で勉強することで合格できます。

 

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。