当サイトにはプロモーションが含まれています。

社労士試験に8ヶ月~9ヶ月で合格!合格者がおすすめの勉強法を紹介

社労士試験に8ヶ月~9ヶ月で合格 社労士の試験
  • 社労士に8ヶ月~9ヶ月で合格したい!
  • 合格者の勉強法を知りたい!
  • どのような教材を使えばいい?

社労士に挑戦する方!

8ヶ月~9ヶ月で合格できるの?」と思っていませんか?

 

社労士は難関試験。8ヶ月程度で合格できるのか、気になるところです。

 

★この記事を書いた人

社労士試験の合格証

社労士試験の合格証

知識ゼロから社労士試験に合格。

行政書士も所持。資格の所持数10以上。

そこでこの記事では8ヶ月~9ヶ月で社労士試験に受かるための勉強法を解説します。

 

記事を読むことで、合格できる勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

社労士試験に8ヶ月~9ヶ月で合格できる!

社労士試験に8ヶ月~9ヶ月の勉強期間で合格することはできます。

 

しかし、一般的には1年間の学習期間が必要です。合格を目指すなら、効率的に勉強しなければなりません。

 

効率的に合格するために以下の3点を意識してください。

  • 勉強時間の確保
  • 非常識合格法を読む
  • 通信講座を受講

勉強時間の確保

スキマ時間に勉強

合格には絶対的な勉強量が必須です。可能であれば800時間は確保しましょう。

 

まずはスケジュールを見直し、勉強時間を捻出してください。

 

社会人の場合、時間の確保が難しいかもしれません。移動時間や休憩時間などのスキマ時間を利用しましょう。

 

試験突破に裏技はありません。スキマ時間や休日を活用して、800時間の学習時間を確保しましょう。

≫参考:社労士の合格に何年かかる?勉強をいつから始めたらいい【合格者が解説】

非常識合格法を読む

非常識合格法の書籍

短期間で合格するためには、最初に正しい勉強法を知ることが重要です。

 

勉強を開始する前に、資格予備校クレアールが出版している『非常識合格法』という書籍を読みましょう。

 

非常識合格法とは、社労士試験の短期合格ノウハウ本です。100万部以上も売れており、多くの受験生から高い評価を受けています。

 

書籍を読むことで、効率的に合格するための勉強法を学ぶことができます。今ならクレアールに資料請求するだけで、書籍を無料で入手できます。

 

経験談ですが、自己流の勉強法は遠回り。プロが教える勉強法を素直に実践しましょう。

 

資料請求後には無理な勧誘や押し売りはありませんので、安心してください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講する

社会保険労務士試験の勉強方法

社労士の勉強法は大きく分けて3つあります。

  1. 独学
  2. 予備校に通う
  3. 通信講座

8~9ヶ月の学習で合格を目指すなら独学はおすすめしません。社労士試験は合格率が約5%と非常に難しい試験です。

 

実際、独学での合格はかなり厳しいです。少なくとも数年は覚悟しなければなりません。

 

一方で、資格の予備校に通う方法もありますが、費用が30万円近くかかるためおすすめしません。

社労士通信講座の特徴社労士の学習には通信講座がおすすめです。

 

予備校と比べて費用が半額以下で受講でき、合格率も独学の4倍になる講座もあります。

 

つまり、通信講座はコスパが良いのです。

 

筆者も知識ゼロから通信講座を受講して合格できました。

 

初心者でも通信講座で十分に合格を目指せます。おすすめの通信講座を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

8ヶ月~9ヶ月で合格するための学習スケジュール

社労士試験の学習スケジュール次の4ステップの流れで勉強しましょう。

  • テキストの理解
  • 過去問を解く
  • 模試を受ける
  • 基本事項の最終確認

テキストの理解

テキストの理解

社労士試験では、基本を理解することが重要です。なぜなら、試験問題の7割が基礎問題から出題されるからです。

 

合格ラインは6割。つまり、基礎をしっかり理解していれば合格できます。

 

基礎の理解=テキストの理解です。

テキストの勉強法は「繰り返し学習」です。

 

テキストを何度も読むことが大切。最初は理解できなくても大丈夫です。まずは一通り読んでみましょう。

 

全科目を読み終えることが大切です。全体像を把握することができ、少しの達成感も得られます。

 

2回目以降は、理解することを意識して読んでいきましょう。丸暗記では意味がありません。

 

『なぜ、このようになっているのか』を講師の講義を何度も聴いて理解しましょう。

 

3回、4回と繰り返していくうちに、理解が深まっていきます。

≫参考:社労士の学習にテキストはいらない?合格者が勉強法を解説

過去問を解く

過去問を解く【過去5年分】

直近5年分の過去問を解きましょう。

 

テキストの2週目が終わった段階で、過去問を解きます。最初は解けなくても問題ありません。まずは全体をざっと解いてみましょう。

 

間違えた部分は何度も復習しましょう。過去問を繰り返し解くことで、理解が深まります。

 

5年分の過去問を解き終えたら、再びテキストに戻ります。

テキスト→過去問→テキスト→過去問

 

テキストと過去問を交互に行うことで、基本事項をしっかりと理解することができます。

 

過去問演習のゴールはすべての問題に対して『なぜ、この解答になったのか言語化して説明できる』ことです。

 

5月までに、このサイクルを継続しましょう。

≫参考:社労士試験は過去問だけで受かるの?合格者が経験談を解説

全国模試を受ける

社労士の模試

5月~7月は全国模試を受けます。基本事項を理解できているか確認できる絶好の機会です。

 

全国模試を受けるメリットは以下のとおりです。

  • 自分の実力がわかる
  • 苦手科目がわかる
  • 予想問題を知れる
  • 試験を疑似体験できる

模試を受けたら、必ず復習しましょう。ただ受けるだけではダメです。模試をしっかりと復習することで、さらなる学力向上が期待できます。

 

どこの全国模試がいいのか迷う方もいます。

 

個人の経験から言いますと、「資格の大原」と「TAC」が受講して良かったです。

 

模試は2社受ければ十分です。あまり多く受けると、直前期の学習が模試に偏ってしまう可能性があります。

≫参考:社労士の模試がボロボロ…難しい…合格者が勉強法を解説

基本事項の最終確認

試験直前の8月は、基本事項の最終確認を行いましょう。

 

全科目のテキストを読みます。この時点では、過去問や模試は行わず、テキスト学習に集中しましょう。

 

テキストで理解できなかった部分は暗記で対応。さらに、最新の法改正情報も押さえておきます。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

【まとめ】社労士試験に8ヶ月~9ヶ月で合格

社労士試験に8ヶ月~9ヶ月で合格することは可能です。ただし、効率的に学習しなければなりません。

 

まずは以下の3つを実践してください。

  • 勉強時間の確保【800時間】
  • 非常識合格法を読む
  • 通信講座を受講

非常識合格法は今だけクレアールに資料請求すると無料で入手できます。

\  先着100名にプレゼント!/


社労士試験の合格には通信講座の受講をおすすめします。なぜならコスパがいいからです。

 

おすすめの通信講座は以下の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

社労士試験の勉強スケジュールは以下のとおりです。

  • テキストの理解
  • 過去問を解く
  • 模試を受ける
  • 基本事項の最終確認

筆者は上記の勉強法で合格することができました。是非、お試しください。

 

当サイトはリンクフリーです。管理者の許可なくリンクを貼っていただいても構いません。