社労士試験は過去問だけで受かるの?合格者が経験談を解説

社労士試験は過去問だけで受かるの?社労士の試験
社労士試験は過去問だけで合格できますか?

 

社会保険労務士(社労士)試験に挑戦する方!

過去問だけで合格できるの?』と思っていませんか。

残念ながら過去問だけで合格することは難しいです。

 

  • この記事を書いた人

私は知識ゼロから社労士試験に合格できました。

社労士の勉強法について情報発信しています。

そこでこの記事では、過去問だけで合格を狙えるのか。さらに合格に必要な勉強法を解説します。

 

  • 記事の結論
  • 過去問だけで合格は難しい
  • ただし、過去問学習は必須
  • テキストと過去問の組み合わせ学習が大事
\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

社労士試験を過去問だけで合格することは難しい

勉強が難しい社労士試験を過去問だけで合格することは難しいです。なぜなら試験では理解力がないと解けない問題が出題されるからです。

 

過去問だけ解いても、合格に必要な理解力は身につきません。

 

社労士受験生は時間がない人が多いので、手っ取り早く過去問だけで合格を目指す人がいます。

 

気持ちはわかりますが、勉強法を間違えると遠回りになるので注意しましょう。

まずは正しい勉強法を理解する

非常識合格法の書籍

出典:クレアール公式サイト

この記事を読んでいる方のなかには勉強法について悩んでいる方もいると思います。

  • 過去問だけで合格できるのか?
  • 短期間で合格する方法を知りたい!
  • 模試は受けた方がいいの?
  • 法改正対策は?

経験談ですが、自己流で勉強すると失敗する可能性が高くなります。

 

まずは正しい勉強法を知ることが大切。なぜなら回り道せず、最短ルートで合格できるからです。

 

正しい勉強法を知るには『非常識合格法』という書籍がオススメです。非常識合格法は大手予備校クレアールが出版した書籍です。

 

非常識合格法には社労士一発合格者のノウハウが詰まっています。この本を読むことで『最短最速で合格する方法』がわかります。

 

合格するための勉強法、学習スケジュールの立て方など受験生が悩むポイントがわかりやすく解説されています。

 

間違った勉強法では合格できません。正しい勉強法を知ってから学習する方が効率的です。

 

非常識合格法は大手資格予備校クレアールに資料請求すると無料でもらえます。

 

執筆者である北村庄吾先生はクレアールの社労士講師です。『年金博士』と呼ばれ多数のテレビに出演しています。

 

本は100万部以上の売り上げがあり、資料請求【無料】した先着100名に無料でプレゼント中です

 

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。

 

この書籍を読んで勉強法を学び、回り道せず最短ルートで合格を目指してください。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\簡単!1分で入力完了/

社労士試験を過去問だけで合格することが難しい3つの理由

悩む女性

  1. 社労士試験は理解力が問われる
  2. 最新の法改正に対応できない
  3. 初見問題に対応できない

社労士試験は理解力が問われる

社労士試験の難しいところは単なる暗記では合格できないこと。理解力が問われる試験です。

 

過去問だけを完璧にこなしても合格に必要な理解力は身につきません。

 

過去問で得た知識は断片的で体系化されていません。過去問で100点取れても、本質がわかっていないと問題は解けないのです。

 

なぜ労働基準法があるのか、年金制度の仕組みはどうなっているのか、法律の趣旨を理解する必要があります。

≫参考:社労士の合格率が低い7つの理由と考え方

最新の法改正に対応できない

社労士試験では最新の法改正問題が出題されます。最新の法改正対策は過去問では対応できません。

 

法改正問題は選択式で狙われることもあり、過去問だけでは足切りで不合格になる可能性があります。

初見問題に対応できない

試験では初めて見る問題が出題されます。たとえ過去問が完璧に解けても、本試験の問題は解けません。

 

なぜなら初見問題に慣れていないからです。模試や問題集を使って初見問題に慣れる対策が必要です。

ただし、合格に過去問学習は必須

勉強する人過去問だけで合格は難しいですが、過去問学習は必ず行いましょう。

 

過去問学習が必要な理由は次の3点です。

  1. 社労士試験の出題傾向・頻出論点がわかる
  2. 苦手分野が明確になる
  3. 試験を疑似体験できる

社労士試験の出題傾向・頻出論点がわかる

過去問を解くことで試験に出題された問題がわかります。

 

どんな問題が出題されたのか知ることが大切です。

 

社労士試験は過去に出題された焼き直しの問題が出題されることがあります。全く同じ問題はでないにしても、似たような問題が繰り返し出題されるのです。

 

何度も出題されている問題を重点的に学習することで、点数アップに繋がります。

 

過去問を解くことで出題傾向・頻出論点を把握できます。

苦手分野が明確になる

社労士試験は科目別の足切りがあるので苦手分野を作ることができません。

 

しかし、学習していると自分の得意分野や苦手分野がでてきます。

 

苦手分野を知るうえで過去問学習は最適です。

 

過去問を解いていると、よく間違う問題、内容がイマイチ理解できない問題に遭遇します。

 

このような苦手分野を知ることが大切です。なぜなら克服するための対策が立てられるからです。

 

例えば、『テキストをしっかり読もう』、『この問題だけ過去問を多めに解こう』など。

 

苦手分野を克服することで合格圏内に近づきます。

 

過去問学習をしないと、自分の苦手分野を知ることができません。

試験を疑似体験できる

過去問を使うことで試験の疑似体験ができます。実際の試験時間と同じように問題を解いてみます。

 

試験と同じ感覚で問題を解くと色々と発見があります。

  • 時間が全然たりない!
  • 途中、脳がすごく疲れる…
  • 合格まで〇点必要だ

課題が見つかれば、改善するための対策が立てられます。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。 

合格のカギは『基本事項の理解』

ポイント社労士試験を突破するカギは『基本事項の理解』です。なぜなら社労士試験の6割以上は基本問題が出題されるからです。

 

合格には6割の点数を取ればいいので、基本問題をマスターできれば合格できます。

 

基本事項の理解にはテキスト学習が有効です。

 

過去問で断片的に身についた知識をテキスト学習によって繋ぐことができます。

 

基本事項の理解に最適な方法はテキストと過去問の組み合わせ学習です。

わかりやすいテキスト選びが大切

社労士の勉強をする女性社労士学習においてテキスト選びは慎重に行いましょう。テキストは受験生の生命線。合格を左右するほど重要です。

 

私は当初、市販のテキストで学習していました。しかし、社労士はテキストの内容を理解することが必要な試験。

 

自分1人で内容を理解するのは無理だと感じ、通信講座に切り替えました。

 

通信講座のテキストは初学者でも理解しやすい内容なので、読みやく、わかりやすいです。

 

さらに、通信講座のメリットは講師による講義があること。難しい内容もわかりやすく解説してくれるので理解力が上がります。

 

自分1人で何時間も悩んでいたことが、数分で解決することもありました。

 

通信講座は予備校の半額以下で受講でき、合格率が独学の4倍以上の講座もあります!

 

つまり、通信講座はコスパがいいです。

 

社労士学習において独学で学習する人は少なく、多くの人は通信講座を受講しています。

 

私も知識ゼロから通信講座を受講して合格できました。初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:おすすめ社労士通信講座7選

 

【まとめ】社労士試験は過去問だけで合格できるのか

社労士試験を過去問だけで合格することは難しいです。なぜなら社労士試験は理解力が問われる試験だからです。

 

過去問だけで得た断片的な知識だけで本試験は攻略できません。理解力をつけるにはテキスト学習が必要です。

 

過去問だけでサクッと合格したい気持ちはわかりますが、勉強法を間違うと何年経っても合格できない状態になってしまいます。

 

正しい勉強法は『非常識合格法』を読んで理解しましょう。書籍は無料なので是非ゲットしてください。

\簡単!1分で入力完了/


※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

 

合格にはテキストと過去問の組み合わせ学習が大切です。

 

テキスト選びは合格を左右するほど重要。オススメは通信講座のテキストです。テキストが作りこまれているので理解しやすく、読みやすいです。

 

通信講座は講師の講義もあるので理解力も高まります。私自身、知識ゼロから通信講座を受講して合格できました。

 

初学者でも通信講座で十分合格を目指せます。

 

≫参考:おすすめ社労士通信講座7選