社労士試験にリベンジ!2回目以降で合格するための重要ポイント

リベンジ社労士の試験
  • 社労士試験にリベンジしたい!
  • リベンジに向けて気をつけることは?
  • 受かるためのポイントを知りたい

社労士試験の再受験を考えている方。『次こそ合格するぞ!』と燃えていると思います。

 

  • この記事を書いた人

私は2度の受験で社労士に合格できました。

社労士の勉強方法について情報発信しています。

そこでこの記事では、リベンジに向けて知っておきたいことを解説します。

この記事を読むことで合格レベルに達する方法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

 

社労士は難関試験『1~2回は落ちるのが当たり前』

勉強が難しい社労士は合格率が6%台の難関試験です。100人受けて6人しか受かりません。

 

落ちるのが普通の試験です。1度や2度は落ちて当たり前。合格まで3年以上かかる人が多いです。

 

試験に落ちても悲観しないように。何度も挑戦することが大切です。

≫参考:社労士に受からない…試験に落ちた。社会保険労務士の学習で悩んでいる方へ

リベンジに向けて重要な3つのポイント

ポイント

  • できるだけ早く学習をスタートする
  • モチベーションの再確認
  • 勉強法の検証

できるだけ早く学習をスタートする

自己採点の結果、不合格とわかった時点で学習を再開しましょう。

 

早く始めれば、その分合格する可能性が上がります。合否通知が手元に届いた時点で再開するのは正直遅いです。

 

ただし、リフレッシュも必要。試験日から2~3週間は休養してもいいでしょう。

できれば2~3週間後に勉強を再開しましょう。

 

一方で『選択式1点足りずに落ちた…。』ギリギリで落ちるとショックが大きいです。

 

私も過去に選択式1点に泣いた経験があります。

気持ちの切り替えが大変ですが、少し休んで、勉強する気持ちが戻ってきたら、また歩き出しましょう。

≫参考:社労士の合格に何年かかる?勉強をいつから始めたらいい【合格者が解説】

モチベーションの再確認

勉強を再開する前に『なぜ社労士を取りたいのか』を再確認してください。

  • 社労士になって起業したい
  • 就職・転職のために社労士を取りたい
  • 社労士になって人生逆転したい

自分のなかで社労士を目指す理由を再確認することでモチベーションUPにつながります。

 

自分が社労士になって活動している未来を想像すると更にモチベーションが上がります。

 

社労士に対する強い気持ちがあれば挫折しません。再開前にギアを入れなおしてスタートしましょう。

≫参考:社労士をとってよかったこと4選。資格を取得するメリット・デメリット解説

勉強方針を決める

いきなり勉強を再開することはオススメしません。

 

なぜ不合格になったのか。不合格になった原因を洗い出して対策することが重要です。

  • 基礎問題を多く間違えた⇒テキストを読み込む
  • 時間が足りなかった⇒問題演習を多くこなす
  • 苦手科目がある⇒苦手分野対策に時間を使う
  • 数字問題で失敗した⇒語呂合わせなど工夫しながら暗記

自分のなかで落ちた原因がわかり、そこに対して対策法があるなら実行する。

 

一方で、自分の勉強法に不安があるなら次の方法を検討してください。

  • 予備校や通信講座を利用しているなら講師に相談
  • 『社労士 合格体験記』と検索して合格体験記を読む
  • 非常識合格法の書籍を読む

 

参考までに、勉強法に迷いがあるなら資格予備校のクレアールが出している『非常識合格法』の書籍を読んでみてください。

 

クレアールに資料請求【無料】するだけで、今だけ書籍がタダでもらえます。

この書籍を読むことで『合格するための勉強法』がわかります。気になる方は資料請求してみてください。

\  簡単!1分で登録完了!/

学習計画をしっかり立ててから学習をスタートしてください。

リベンジにオススメの通信講座【フォーサイト】

社労士の勉強をする女性私は2度の受験で社労士試験に合格しました。再受験のときに利用したのが『フォーサイト』。

 

社労士試験で最も重要なことは『基礎事項の理解』です。問題の7割は基礎問題が出題されるからです。

 

つまり、基礎が理解できていれば合格できます。

 

フォーサイトは初学者でも理解しやすいテキスト、講師の講義がわかりやすいのが特徴です。

 

基礎がわかれば、応用にも対応できる。逆に基礎がわからなければ合格は難しいでしょう。

 

フォーサイトは『基礎の理解』に最適な講座です。気になる方は下記のボタンからフォーサイトの公式サイトをご確認ください。

 

再受験生には『バリューセット2』がオススメです。

\  累計受講者数は約8万人!全額返金保証付/

フォーサイトについて詳しく知りたい方は下記の記事も参考にしてください。

 

≫参考:社労士資格は独学で合格できる?合格者が解説。オススメの勉強法も紹介

合格レベルに到達するため意識すべきこと

最短ルートやみくもに勉強しても合格は遠のきます。合格レベルに達するための道に向かって進んでいきましょう。

 

次の点を意識しながら学習を進めていけば合格レベルに近づきます。

  • テキストの内容をできるだけ理解する
  • 数字をしっかり暗記する
  • 過去5年分の過去問を3~4回ほど解く
  • 模試を活用して初見問題への対応力を身につける

 

  • 受験生泣かせの選択式

しっかりと勉強すれば『択一式』はクリアできます。努力は報われます。問題は『選択式』です。

 

選択式は基準点以上の点数が必要、かつ奇問・難問が出題されることがあり、運の要素に左右されます。

 

合格レベルの学力があっても落ちるのが選択式です。

 

私の考えは『奇問・難問は捨てる』。どうせ他の受験生も解けないので基準点が下がる可能性が高いです。

 

正直、奇問・難問対策はありません。鉛筆を転がすしか思いつきません…。

 

一方で、『誰もが正解できる問題は確実に取る』。選択式対策は徹底した基礎理解だと考えます。

 

基礎問題は必ず取る!奇問・難問は捨てる!

≫参考:社労士の勉強方法を合格者が解説!おすすめの勉強法を紹介

【まとめ】社労士試験にリベンジ!2回目以降の勉強に向けて

試験にリベンジするため知っておきたいポイントについて解説しました。

 

自己採点後に不合格とわかったら、少しずつ次に向けて動き出しましょう。

 

気持ちの切り替えが難しい方は急ぐ必要はありません。やる気が戻るまで休んでください。

 

リベンジを決意したら、まずは試験の反省を行い、今後の勉強方針を固めたうえでスタートしましょう。

 

勉強方針で悩んだら、次の方法を検討します。

  • 予備校や通信講座に通っているなら講師に相談
  • 合格体験記を読む【ネットで検索】
  • 非常識合格法を読む

非常識合格法の書籍は下記のリンクから資料請求【無料】することで入手できます。

\  簡単!1分で登録完了!/

合格レベルに到達するために次の点を意識しながら学習を進めてみてください。

  • テキストの内容を暗記ではなく理解に努める
  • 数字は暗記する
  • 過去5年分の過去問を3~4回ほど解く
  • 模試を活用して初見問題への対応力を身につける

上記を意識しながら学習を進めることで合格に近づきます。

 

選択式に関しては運の要素が強いです。受験生泣かせですが、嘆いていても仕方ありません。

 

対策として、みんなが解ける問題は必ず取る。奇問・難問は捨てる。徹底的な基礎理解が一番の対策です。

 

社労士は難関試験ですが、あきらめなければ合格できます。

 

再受験にオススメの通信講座は『フォーサイト』です。私自身、再受験の際はフォーサイトを利用して合格しました。

 

再受験生は『バリューセット2』がオススメです。

\  累計受講者数は約8万人!全額返金保証付/





※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。