当サイトにはプロモーションが含まれています。

社労士に独学で6ヶ月で合格できる?最短合格の勉強法とスケジュール

社労士に独学で6ヶ月で合格できる? 社労士の試験
  • 社労士に独学で6ヶ月で合格できる?
  • 合格者のリアルな声を聞きたい!
  • 最短で合格するための勉強法を知りたい!

社労士に興味がある方!

6ヶ月で社労士試験に合格できるの?」と疑問に思われていませんか?

 

社労士試験は難関ですが、6ヶ月での合格は可能なのか、気になるところです。

 

★この記事を書いた人

社労士試験の合格証

社労士試験の合格証

知識ゼロから社労士試験に合格。

行政書士も所持。資格の所持数10以上。

そこでこの記事では6ヶ月で社労士に受かるのか解説します。

 

この記事を読むことで、短期合格するための勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

社労士試験の一発合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

社労士に独学で6ヶ月で合格するのは難しい

社労士は難しすぎる試験

まず、社労士試験を独学で6ヶ月で合格するのは現実的ではありません。なぜなら、必要な勉強時間が十分ではないからです。

 

もちろん、効率的に学習すれば半年合格も不可能ではありません。しかし、短期合格を目指すなら独学はオススメしません。

 

通常、合格には約1000時間の勉強が必要です。

 

したがって、6ヶ月で1000時間を確保するには、1日あたり約6時間もの勉強が必要です。

 

多くの受験生にとって1日6時間もの勉強時間を確保することは不可能でしょう。

≫参考:社労士の合格に何年かかる?勉強をいつから始めたらいい【合格者が解説】

半年は無理でも7~9ヶ月の短期合格を目指す

独学で半年で合格を目指すのは現実的ではありません。

 

しかし、社労士試験は正しい勉強法でコツコツ学習すれば比較的、短期合格も可能です。

 

実際に筆者が合格したときの勉強法をお伝えします。

社労士の合格通知

社労士試験の合格通知

  1. スキマ時間に勉強
  2. 正しい勉強法を学ぶ
  3. 通信講座を受講

スキマ時間に勉強

スキマ時間に勉強

合格には絶対的な勉強時間が不可欠。試験突破に裏技はありません。コツコツ勉強するしかないのです。

 

短期合格を目指すならプライベートの時間はすべて勉強に充てる覚悟が必要です。

 

まずは1日のスケジュールを見直しましょう。

 

1日の中で、勉強に充てることができる時間を見つけてみてください。

 

例えば、以下のようなスキマ時間を上手に活用することが重要です。

  • 通勤時間
  • 仕事の休憩時間
  • お風呂に入っている間
  • 調理中
  • ちょっとした空き時間

 

短い時間でも、積み重ねることで膨大な学習時間になります。

≫参考:社労士の合格に必要な勉強時間は実際どのぐらい?【経験者が解説】

正しい勉強法を学ぶ

『非常識合格法』の書籍を無料で貰える!

非常識合格法の書籍

合格を急ぐなら、最初に成功の近道となる勉強法を身につけることが不可欠です。

 

誤った学習法では長期化してしまい、何年経っても合格できません。

 

筆者もかつて、勉強法を軽視し、単にテキストと過去問のみで試験に挑もうとしていました。

 

しかし、結果は不合格。適当なアプローチでは合格は難しいことを痛感しました。

 

まず、合格できる勉強法を習得することが肝要です。

 

おすすめは、クレアールが提供する『非常識合格法』という書籍です。

 

書籍を読むことで、最短かつ最速で合格する方法が理解できます。

 

社労士試験の特徴に基づいた、効率的な学習法がわかりやすく解説されています。

 

筆者も非常識合格法の勉強法で合格しました。

 

経験から言えるのは、誤った学習法では合格は難しいということ。

 

短期間で合格するためには、正しいアプローチを学ぶことが肝要です。

 

書籍は100万部以上の売り上げがあり、資料請求した先着100名に無料で提供されています。

 

Amazonでの価格は1,500円ですが、資料請求するだけで0円で手に入れることができます。

 

※資料請求後の強引な勧誘や押し売りは一切行われませんので、安心してご請求ください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講

社労士通信講座のクオリティ

最短合格を目指すなら通信講座を受講しましょう。独学では短期合格はできません。

 

通信講座のメリットは下記のとおりです。

  • いつでもどこでも学べる
  • 理解しやすいテキスト
  • わかりやすい講義

通信講座は時間や場所に拘束されずに、自分のペースで学習できるのが利点です。

 

教材の品質が高く、費用も手頃なので、総合的なコストパフォーマンスが非常に優れています。

 

筆者もゼロからの知識で通信講座を受講し、合格を果たしました。初学者であっても通信講座を利用することで合格できます。

 

通信講座を検討している方は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

社労士の勉強スケジュールを立てる

社労士試験の学習スケジュール

勉強を始める日から試験日までの学習計画を策定しましょう。その日の気分で勉強内容を決めてはいけません。

 

何をいつまでに達成するのかを明確にし、スケジュールを組むことが重要です。

 

たとえば、4月はテキストと過去問に取り組み、5月からは模試に挑戦するなど、段階的な目標を立てましょう。

 

計画を作成することで、自身の勉強ペースをより把握しやすくなります。

 

自分の進捗が速いのか、遅いのかを確認し、早ければ深く学び進め、遅ければペースを上げるよう工夫してください。

 

最終的な目標は、試験当日までに全ての学習を終えるような計画を練ることです。

社労士に独学で6ヶ月で合格できる?【よくある質問】

  • 社労士を独学で勉強するにはどれくらいの期間が必要ですか?
  • 社労士になるには最短でどのくらい勉強すればいいですか?
  • 社労士試験は何回で受かりますか?

社労士を独学で勉強するにはどれくらいの期間が必要ですか?

完全に独学で挑む場合は3~4年は勉強する覚悟が必要です。

 

短期合格を目指すなら通信講座を選択しましょう。

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

社労士になるには最短でどのくらい勉強すればいいですか?

一般的に社労士試験の合格には通常1000時間の勉強が必要です。

 

しかし、効率的に学習すれば1000時間未満での合格も可能です。

≫参考:社労士の勉強方法を合格者が解説!おすすめの勉強法を紹介

社労士試験は何回で受かりますか?

社労士試験の平均受験回数は3~4回。初受験で合格するのは難しいです。

 

1発合格を目指さず、長期視点で見ていくことをオススメします。

【まとめ】社労士に独学で6ヶ月で合格できる?

社労士試験に6ヶ月で合格するのは難しいです。不可能ではないとはいえ、現実的ではありません。

 

試験合格に必要な勉強時間は通常1000時間であり、6ヶ月で達成するのは困難です。

 

ただし、社労士試験は長期学習が必要なものですが、効率的な勉強法を用いることで、短期間での合格も可能です。

 

短期合格の勉強法は以下のとおり。

  1. スキマ時間に勉強
  2. 正しい勉強法を学ぶ
  3. 通信講座を活用
  4. スケジュールを立てる

クレアールの非常識合格法は、正しい勉強法を学ぶ上でおすすめです。

 

今なら、クレアールに資料請求するだけで無料で手に入ります。資料請求後に営業や勧誘は一切ありません。

\  先着100名にプレゼント!/


社労士試験の学習には通信講座がおすすめです。理由は、コストパフォーマンスが優れているからです。

 

筆者もゼロからの知識で通信講座を受講し、合格を果たしました。おすすめの通信講座については、以下の記事を参照してください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

 

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。