当サイトにはプロモーションが含まれています。

社労士に子育てしながら合格へ!効果的な勉強法と成功事例

社労士に子育てしながら合格へ 社労士の試験
  • 子育てしながら社労士に合格できる?
  • 育児と勉強の両立が不安…
  • 合格者の勉強法を知りたい!

社労士に挑戦する方。

子育てしながら合格できるの?』と気になっていませんか。

 

社労士は難関試験です。育児と勉強を両立することは簡単ではありません。

 

  • この記事を書いた人
社労士試験の合格証

社労士試験の合格証

知識ゼロから社労士に合格。

その他、行政書士など資格の所持数10以上。

そこでこの記事では、子育てしながら合格する方法を解説します。

 

この記事を読むことで、合格者の勉強法が理解できます。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

社労士試験の一発合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

社労士に子育てしながら合格を目指すメリット

パソコンで社労士の勉強

子育て中に社労士を目指すメリットは以下のとおりです。

  • 時間の有効活用
  • 将来の職業展望
  • スキルの向上
  • 独立開業の可能性
  • 企業でのキャリアアップ
  • フレキシブルな働き方

時間の有効活用

育休中は比較的自由な時間があります。育休期間を有効に活用して資格取得に集中することができます。

将来の職業展望

社労士資格は企業内の人事部門や労務管理に関わる職種など、幅広いキャリアパスがあります。資格取得後のキャリア展望が広がります。

スキルの向上

資格取得により、法律や労務管理に関する専門知識を身に付けることができ、キャリアアップのためのスキルを磨けます。

独立開業の可能性

社労士資格を取得することで、独立開業の道も開けます。

 

自分の事務所を持ち、労務管理や社会保険に関するアドバイザーとして活躍することができます。

企業でのキャリアアップ

企業での人事部門や労務管理部門などでのキャリアアップが見込めます。

 

社員の労務管理や法的なサポートを提供する重要なポジションに就くことが可能です。

フレキシブルな働き方

資格取得後、育休明けや子育て中でも、社会保険労務士として働くことができるため、自身のライフスタイルに合わせた働き方が実現可能です。

 

キャリアを積みながらも、家庭とのバランスを取りながら働くことができるため、子育て中の主婦にも適した職業です。

社労士に子育てしながら合格へ!合格できる勉強法

正しい勉強法

社労士試験は、合格するためには入念な準備です。しかし、子育て中の方でも十分合格を目指せます。

 

合格するためには、正しい勉強法と実践的なテクニックが重要です。

 

筆者は下記のように高得点で合格できました。実際に行った対策は以下のとおりです。

社労士の合格通知

  • 学習スケジュールの作成
  • 正しい勉強法を学ぶ
  • 通信講座を受講
  • スキマ時間の有効活用
  • 記憶の活用

学習スケジュールの作成

社労士試験の学習スケジュール合格するための学習スケジュールを設定しましょう。合格に必要な内容をカバーするためのスケジュールを作成します。

 

月や週ごとに学習計画を立てるのがオススメです。

 

例えば、今月は労働基準法の教科書を一読。週ごと、何ページずつ読むか決めていきます。

 

重要なことは、試験当日までに自分のやりたかった学習量をすべて終えるように計画を立てることです。

≫参考:社労士の合格に何年かかる?勉強をいつから始めたらいい【合格者が解説】

正しい勉強法を知る

★非常識合格法の書籍を読む

非常識合格法の書籍

社労士試験は高い難易度を持ちます。やみくもに勉強するのでは効率が悪いです。

 

短期間で合格を目指す場合、自己流の勉強法よりもプロが伝授する方法を取り入れましょう。

 

プロの勉強法を習得するために、クレアールが出版している「非常識合格法」の書籍を読むことをオススメします。

 

書籍には社労士試験に合格するための具体的な勉強法や学習スケジュールの立て方など、受験生が知りたい情報が豊富に盛り込まれています。

 

筆者も非常識合格法を読みました。選択式の解き方はかなり参考になりました。

 

非常識合格法はクレアールに資料請求すると今だけ無料で入手できます。

 

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。資料請求も無料です。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講

社会保険労務士試験の勉強方法

社労士試験の勉強方法には以下の3つが存在します。

  • 独学
  • 予備校通学
  • 通信講座

独学

独学はオススメしません。

 

社労士試験は初心者にとっては難易度が高く、挫折のリスクがあります。

 

社労士試験は参考書の丸暗記では対応できません。理解力が問われる試験です。

 

自分1人で理解力を身につけるのは至難の業です。

予備校通学

予備校は費用が高く、時間的な拘束もありオススメしません。

 

社会人にとっては最適解とはいえません。

通信講座

社労士通信講座の特徴

筆者オススメの勉強法は通信講座です。

 

通信講座は予備校に比べて費用が圧倒的に安く、高品質なテキストや講義が利用できます。

 

スマホやパソコンで学習が可能であり、忙しい社会人に最適です。

 

コスパ的にも非常に優れています。実際、受験生の多くが通信講座を活用しています。

 

筆者も初心者の状態から通信講座を受講して合格しました。自信をもってオススメします。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

スキマ時間の活用

スキマ時間に勉強

子育て中でもスキマ時間を有効活用して勉強を進めましょう。

 

合格の鍵はスキマ時間の活用です。たとえ、10分でも積み重ねれば膨大な時間になります。

 

集中しやすい環境を整え、集中して学習しましょう。

≫参考:社労士の合格に必要な勉強時間は実際どのぐらい?【経験者が解説】

記憶の活用

理解自分に合った記憶法を見つけて活用しましょう。

 

マインドマップや覚えやすいキーワードを使うなど、効果的な記憶術を探求します。

  • 書いて覚えるなら、書きまくる。
  • 語呂合わせで覚える。
  • 図解を書いて覚える。
  • 人に説明してみる。

どのように学習すれば記憶の定着率が高いのか、考えながら進めていきましょう。

 

上記のテクニックを組み合わせ、計画的かつ効果的な勉強を続けることが、合格への近道です。

≫参考:社労士の勉強方法を合格者が解説!おすすめの勉強法を紹介

社労士に子育てしながら合格へ【よくある質問】

  • 社労士に働きながら何年で受かる?
  • 働きながら社労士の勉強時間はどれくらいですか?
  • 社労士に独学で子育てしながら受かる?
  • 社労士試験は何度も落ちる人はいますか?

社労士に働きながら何年で受かる?

働きながら合格を目指す場合、通常1年間の学習は必要です。

 

多くの勉強時間が取れる方であれば、もう少し短い期間で合格できます。

働きながら社労士の勉強時間はどれくらいですか?

合格に必要な勉強時間は1000時間ほどです。

 

通信講座を利用すれば、時間と労力を抑えた合格が可能になります。

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

社労士に独学で子育てしながら受かる?

そもそも社労士の学習に独学はオススメしません。なぜなら内容が難しいからです。

 

筆者も当初は独学でした。しかし、自分1人では限界を感じ挫折。通信講座に切り替えて合格しました。

社労士試験は何度も落ちる人はいますか?

社労士試験に何度も落ちる人はいます。ちなみに合格者の平均受験回数は3~4回です。

 

社労士は落ちるのが普通の試験。落ちても気にせず、何度も挑戦することが重要です。

【まとめ】社労士に子育てしながら合格へ!

社労士に子育てしながら合格を目指す方へ。

 

社労士を目指すメリットは以下のとおりです。

  • 時間の有効活用
  • 将来の職業展望
  • スキルの向上
  • 独立開業の可能性
  • 企業でのキャリアアップ
  • フレキシブルな働き方

 

子育てしながら社労士試験に合格する方法は以下のとおりです。

  • 学習スケジュールの作成
  • 正しい勉強法を学ぶ
  • 通信講座を受講
  • スキマ時間の有効活用
  • 記憶の活用

上記の勉強法やテクニックを駆使すれば必ず合格することができます。

 

正しい勉強法を知るにはクレアール出版の非常識合格法を読みましょう。

 

リスクゼロで優良本が入手できます。

\  先着100名にプレゼント!/

オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事も参考にしてください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

 

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。