社労士資格の活用法を合格者が徹底解説!独立、就職・転職に有利なの?

社労士の活かし方社労士の資格
社労士資格の活かし方について教えて下さい。

 

社労士に興味がある方。

社労士資格の活用法』について気になっていませんか。実は社労士は汎用性の高い資格。多様な使い道があります。

 

  • この記事を書いた人

私は知識ゼロから社会保険労務士に合格できました。

社労士の勉強法や仕事内容について情報発信しています。

そこでこの記事では、社労士資格の活かし方について解説します。

この記事を読むことで社労士資格の活用法がわかります。

 

  • この記事の結論
  • 社労士は転職や独立ができる
  • 社労士は転職に有利。オススメの求人サイトはMS-Japn
  • 独立で成功するカギは集客スキルの向上
\士業特化型求人サイト!求人数4,000件以上/

社労士の資格を活かしていない人が多い

悩む男性過去5年の社労士登録者数の推移を見てください。

登録者数対前年
201640,535+425
201741,187+652
201842,056+869
201942,887+831
202043,127+240

全国に社労士は約43,000人。毎年約500人が新規登録しています。

一方で社労士試験の合格者は毎年約2,000人です。

 

合格者2,000人に対し登録者は500人。4人に1人しか社労士登録をしていません。

合格しても登録しない人が多いのが現状です。登録費や会費がネックで登録に踏み切れない方が多いからでしょう。

 

つか
つか
実際に登録する人が少ないのが現状。ライバルが少ないのでチャンスは多いです。

社労士資格を活かせる場所

喜ぶ社労士

  • 勤務社労士として働く
  • 独立型社労士として開業
  • ブログやyoutubeで発信

勤務社労士として働く

勤務社労士とは企業に雇われて働く形態です。働ける場所は以下のように多数あります。

  • 社労士事務所
  • 弁護士や税理士といった他士業の事務所
  • 企業の人事・労務関係の部署
  • コンサルティング会社
  • 予備校の講師

社労士事務所

社労士の働く場として一般的な社労士事務所。勤務先として次の場所があります。

  • 個人開業している社労士事務所
  • 社労士法人

事務スタッフとしての仕事内容は以下のとおりです。

  • 労働・社会保険関係の書類作成
  • 各種書類を行政機関に提出
  • 就業規則の作成・給与計算

書類作成などの事務作業が主な仕事。ある程度の経験を積んだ人は労働相談の対応を任されることがあります。

他士業の事務所(弁護士、税理士等)

弁護士や税理士事務所などが社労士事務所を併設している場合があります。

併設事務所とはいえ社労士業務も行っているため、仕事内容は社労士事務所と変わりません。

企業の人事・労務関係の部署

一般企業の人事・労務部で働く道もあります。仕事内容は次のようなものがあります。

  • 採用活動
  • 教育・研修制度
  • 評価制度
  • 労務トラブル対応
  • 給与計算
  • 社会保険料の手続き

人事・労務部は従業員の人生に関わる重要な仕事。単なる事務作業に留まらず、従業員が働きやすい職場作りをサポートします。

コンサルティング会社

経営者は常に会社をよくしたいと考えています。組織運営に必要な『人・物・金』をよくすることが会社の成長に繋がります。

 

『人・物・金』のうち、人に関する部分は社労士の専門です。会社を成長させるために、社労士として人事労務のコンサルティングを行います。

  • 労働環境の改善
  • 福利厚生の向上
  • 賃金や昇給の適正化
  • 就業規則の作成

会社の利益貢献のために、会社の経営をサポートするのが仕事です。

予備校の講師

予備校の講師として働く道もあります。難しい社労士試験の内容をわかりやすく説明する能力が必要です。

未経験でも雇ってくれるところが多いため、人に教えるのが好きな人は挑戦してみてください。

≫参考:勤務社労士にできることは?仕事内容やメリット、おすすめの求人も紹介

独立型社労士として開業

社労士は独立開業できる資格。現に登録者の6割は開業しています。

自分のペースで仕事ができ、高収入も狙えるため独立を目指している人も多いです。

 

実際に年収が高い社労士はほとんど開業しています。自分の能力次第で収入は青天井なので独立型は夢があります。

開業は自宅でも可能。最低限PC、携帯、プリンターがあればOK。低コストで始められるのも魅力です。

ブログやyoutube

今はネットが盛んな時代。ブログやyoutube等を活用している社労士も沢山います。

社労士としての活動内容や社労士試験の勉強法などを発信している人が多いです。

 

つか
つか
これから社労士を目指す人や勉強法で悩んでいる人には有益な情報となるでしょう。

ブログやyoutubeでは広告収入が入ってきます。社労士業務だけに囚われず、複数の収入源があることで安定につながります。

 

またブログやyoutubeから自身のホームページへ誘導する集客媒体としても活用できます。

社労士資格を実際に活かす!

社労士の将来性資格を持っているだけでは宝の持ち腐れ。実際に活かしてこそ価値があります。

 

もう1歩踏み出すために、社労士として転職を考えている人のためにオススメの転職サイトを紹介します。

また独立して成功するためのポイントも解説します。

社労士として就職・転職するなら!

社労士は税理士や弁護士と比べると求人が少ないです。

一般的な求人サイトでは求人数が少ないため、自分に合う求人を見つけられない可能性があります。

 

そこでオススメの転職サイトはMS-Japn。MS-Japnは社労士のような士業に特化した求人サイトです。

 

転職決定率NO.1。登録率・転職相談率NO.1の実績。

会員登録して求人を探せば、希望の転職先も見つけやすくなるでしょう。

会員登録は無料なので、この機会に登録して求人をチェックしてみてはいかがでしょう。

\求人数4,000件以上  /

社労士で独立して成功するカギ

残念ながら、社労士で独立しただけでお客さんが来ることはありません。

営業活動は必須です。

 

成功のカギは『集客力』です。どんなに実務能力があっても顧客がいないと意味がありません。

逆に集客がうまくいけば大きく稼ぐことができます。

 

集客は以下のような方法があります。

  • ホームページ
  • SNS
  • 異業種交流会
  • 同業、他士業からの紹介
  • 飛び込み営業
  • 新聞広告
  • タウンページ
  • 看板設置

オススメはネット集客。ホームページやSNSからの集客です。

 

2021年に発表された社会保険労務士白書によると登録している社労士の平均年齢は『55,3歳』。

平均年齢が高いせいか、集客方法は同業者や他士業からの紹介や異業種交流会といったアナログ営業が中心です。

 

ネット集客に力を入れている社労士が少ないので、ここにチャンスがあります。

つか
つか
成功のカギは『ネット集客』。ホームページやSNSの活用をオススメします。

≫参考:社労士は『食えない』『仕事ない』は本当?社会保険労務士の実情を解説

日常生活で役立つ

社労士の勉強で得た知識は日常生活でも多いに役立ちます。労働基準法や年金など私たちの身近な法律を学ぶからです。

  • 不当解雇を受けたときの対処法
  • 通勤中に事故にあった時の労災保険
  • 失業時に失業手当をもらえる期間や額
  • 病気やケガしたときに健康保険から貰える給付金
  • 将来、自分が受け取れる年金額
  • 家族が障がい者や亡くなった時にもらえる年金

上記のように私たちの日常で起こりうる問題を解決する知識が学べます。

知ってるか、知らないかで結果が変わる世界です。

 

社労士の学習は自分や家族を守る法律知識が手に入るので日常生活で役立ちます。

【まとめ】社会保険労務士(社労士)資格の活かし方

社労士資格の活かし方について解説してきました。

社労士は全国に43,000人程度。実際は社労士に合格しても未登録の人が多いのが現状です。

ライバルが少ない今、社労士資格を活かすチャンスです。

 

社労士が活躍できる場所は以下のように多数あります。

  • 社労士事務所
  • 弁護士や税理士といった他士業の事務所
  • 企業の人事・労務関係の部署
  • コンサルティング会社
  • 予備校の講師
  • 独立開業
  • ブロガー、youtube

実際に社労士として活動するなら求人サイトに登録したり、独立を目指すなら成功するために集客力を鍛えることをオススメします。

\求人数4,000件以上  /

 

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。





※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。