社労士で小遣い稼ぎ!副業したい方必見。仕事内容や探し方を解説。

お小遣い社労士の就職
  • 社労士で小遣い稼ぎはできる?
  • どんな仕事があるの?
  • 仕事の探し方も知りたい

社労士で副業(小遣い稼ぎ)をしたい方。

社労士で小遣い稼ぎはできるの?』と思っていませんか。

社労士資格を活用して副業することは可能です。

 

  • この記事を書いた人

私は2度の受験で社会保険労務士に合格できました。

社労士業界の動向は常にチェックしています。

そこでこの記事では、社労士の副業にピッタリな仕事を紹介します。

この記事を読むことで副業に最適な仕事や仕事の探し方がわかります。

社労士資格で小遣い稼ぎはできる

小遣い稼ぎ社労士資格は使い勝手のいい資格。独立、転職、副業(小遣い稼ぎ)にも使えます。

 

例えば、会社員(本業)として働きながら社労士として副業することは可能です。

 

働き方改革や副業解禁が進む昨今、副業への関心が高まっています。社労士で『小遣い程度は稼ぎたい』という人も増えてきました。

 

副業は独立を目指す人にもオススメです。いきなり独立はハードルが高い。

 

最初は本業との掛け持ちで副業の活動を広げていく。社労士で生活できるようになったら本業を辞めて独立する道もあります。

社労士で小遣い稼ぎ!どんな仕事があるの?

喜ぶ社労士

社労士の副業には以下のようなものがあります。

  • 社労士会主催の無料相談会
  • ハローワークでアルバイト
  • 講師
  • ブログ

社労士会主催の無料相談会

ショッピングモールや市役所など人の集まるところで定期的に開催される無料相談会。

仕事内容は来訪者から労働法、社会保険、年金などの相談対応です。

 

無料相談会では悩みに来た人のリアルな相談が聞けるので、ニーズを知るうえで参考になります。

さらに、面談スキルの向上にも繋がります。

 

無料相談会は社労士同士の人脈作りの場としても有益。基本土日に開催されるので、平日は本業で忙しくても参加しやすいです。

 

無料相談会の日当は2万円です。

ハローワークでアルバイト

ハローワークで再就職の職業指導を行います。仕事内容は履歴書の書き方、面接のアドバイスなどです。

 

通常はハローワークの職員が対応しますが、社労士会に助っ人の依頼が来ることもあります。

 

就職に困っている人の相談に乗りアドバイスをする。直接感謝される仕事なのでやりがいがあります。

 

時給は1000円程度です。

予備校の講師

資格予備校で社労士受験生を教える講師の仕事があります。仕事内容は講義やテキスト作成などです。

 

主に平日の夜や土日勤務なので、本業の仕事に支障をきたすことはほとんどありません。

 

講師業は難しい内容をわかりやすく解説する能力が求められます。簡単ではありませんが、収入面でのメリットは大きいです。

 

1講義7000円~30000円。

ブログ・アフィリエイト

ブログやアフィリエイトで稼ぐ方法もあります。

 

社労士は人気資格。社労士受験生に向けて勉強法やオススメ講座などを紹介する需要はあります。

 

ブログやアフィリエイトは収益化まで時間はかかりますが、コツコツ努力すれば毎月数万円以上は稼げます。

 

収入の目安:0円~100万円

 

社労士の副業について見てきました。1ヶ月のうち土日を利用して5日間仕事をすれば5~10万円ほどは稼げます。

社労士の仕事を得る方法

仕事探し社労士の仕事は以下の方法で探します。

  • 所属する社労士会の会報やHPから探す
  • ハローワークや年金事務所などで探す
  • 資格予備校のHPや求人サイトから講師の求人を探す

 

最初は社労士会から求人を探すことをオススメします。定期的に届く会報やHPをチェックすると見つけやすいです。

 

上記以外にもネットで検索したり、人から紹介してもらったり自発的に探すことも重要です。

まずは社労士資格の取得から!

勉強する人社労士資格を活かして小遣い稼ぎをしようにも資格がなければ話になりません。

 

資格を持っていない方は、まず社労士資格を取得しましょう。社労士になるには『社労士試験』に合格しなければなりません。

 

社労士試験は合格率が6~7%と難関。しっかりと対策する必要があります。

 

社労士試験の学習に『独学』はオススメしません。独学で合格することは難しく3年以上やっても受からない人が多いです。

 

オススメの勉強法は通信講座です。

  • 通信講座の特徴
  • 自宅で学習する
  • 低価格で受講できる
  • 作りこまれたテキスト
  • 理解しやすい講師の講義

通信講座は予備校の半額以下で受講でき、合格率が独学の4倍以上の講座もあります!

つまり、通信講座はコスパがいいです。

 

筆者も知識ゼロから通信講座を受講して社労士試験に合格できました。

オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

 

通信講座のなかで特にオススメなのはフォーサイトです。フォーサイトの評判・口コミを知りたい方は下記の記事も参考にしてください。

最終的に『小遣い稼ぎ』から『独立』or『転職』の道へ

最短ルート最初は小さく副業から始めて、徐々に広げていき最終的には独立や転職を目指す道もあります。

 

社労士はポテンシャルの高い国家資格。小遣い稼ぎで終わらせるのはもったいないです。

 

独立すると年収1000万円も夢ではありません。現に1000万円以上稼いでいる社労士は大勢います。

≫参考:社労士の独立は失敗しやすい?成功する人・廃業する人の特徴を解説

 

一方で社労士として転職する道もあります。士業は独立がメイン。転職には不向きです。

しかし、社労士は士業には珍しく転職もできる資格です。

 

社労士として転職を目指すなら下記の記事も参考にしてください。

 

≫参考:社労士の合格後に就職・転職したい!実務経験なしでも大丈夫?

【まとめ】社労士で小遣い稼ぎは可能?仕事内容や探し方

社労士資格の活用法は様々。独立、転職、副業にも使えます。『会社員を本業、社労士を副業』にすることも可能です。

 

副業として次の仕事があります。

  • 社労士会主催の無料相談会
  • ハローワーク等の行政機関でアルバイト
  • 社労士試験の講師
  • ブログ

 

収入の目安

  • 社労士会主催の無料相談会…日当2万円
  • ハローワークでアルバイト…時給1000円
  • 社労士試験の講師…1講義7000円~30000円
  • ブログ…0円~100万円

仕事の探し方

  • 所属する社労士会の会報やHPから探す
  • ハローワークや年金事務所などで探す
  • 資格予備校のHPや求人サイトから講師の求人を探す

上記以外にも、求人サイトや転職サイトを活用して探す方法もあります。

社労士の就職・転職事情を知りたい方は下記の記事も参考にしてください。

 

 

社労士資格を持っていない方は試験合格を目指しましょう。

社労士試験は難易度が高いので、独学はオススメしません。

 

コスパがいい勉強法は『通信講座』です。私は初学者の状態から通信講座で合格できました。

オススメの通信講座は下記の記事を参考にしてください。