フォーサイト社労士通信講座は2年目の学習に最適?【合格者が解説】

社労士の通信講座
社労士試験にリベンジしたい!2年目の学習は『フォーサイト』で大丈夫?

 

社労士の学習で2年目はフォーサイトを考えている方。

フォーサイトを信じて大丈夫?』と不安に思っていませんか?

私は2年目の学習にフォーサイトを受講しました。

 

  • この記事を書いた人

私は知識ゼロから社会保険労務士試験に合格できました。

受験回数は2回。試行錯誤しながら勉強してきました。

そこでこの記事では、実体験をもとに2年目以降の学習にフォーサイトは適しているのか解説します。

この記事を読むことで、フォーサイトで合格するための勉強法がわかります。

 

フォーサイトの公式サイトを見たい方は下記のリンクをクリックしてください。

\  2年目の学習はフォーサイトが最適!累計受講者数は約8万人!/

2年目の学習はフォーサイトで問題ない

資格の通信教育フォーサイト

出典:フォーサイト公式HP

2年目の学習教材はフォーサイトでも問題ないです。むしろフォーサイトは最適解の1つです。

 

社労士試験は合格率が約6%の難関資格。出題傾向をみているとテキストの『暗記』だけで合格できるほど甘くはありません。

 

『基本事項の理解力』も問われます。つまり、合格には基本事項の理解が必要です。

 

フォーサイトは基本事項の理解に適しています。

  • フルカラーテキストで図解も豊富
  • 講師の講義がわかりやすい

初学者向けの教材なので、理解しやすいよう様々な工夫が施されています。

 

特に講師の講義は難しい内容も噛み砕いて解説してくれるので理解しやすいです。基本事項の理解はフォーサイトが最適です。

 

社労士試験の7割は『基礎問題』が出題されます。合格には6割程度の正解が必要。

つまり、基礎問題が解ければ合格できる試験なのです。

 

私も2年目はフォーサイトを受講しました。実際にフォーサイトのおかげで基本事項の理解はマスターできました。

社労士の合格通知

上記のとおり、択一式は全科目7割以上の点数が取れています。

 

基礎の理解が合格の鍵。フォーサイトのみで基礎理解は十分。
\  2年目の学習はフォーサイトが最適!累計受講者数は約8万人!/

フォーサイトだけで合格は難しい

勉強が難しいフォーサイトはインプット【基本事項の理解】には適しています。一方でアウトプット【問題演習】には物足りなさを感じました。

 

フォーサイトにはアウトプット教材【問題集】が少なく、実践力を身につけるにはイマイチです。

 

合格には『基本事項の理解』と『迅速に問題を解く力』が必要です。迅速に問題を解く力を上げるには、多くの問題を解くしかありません。

 

そのため、市販の問題集や他の資格予備校が行っている模試を受けましょう。

 

インプット教材は『フォーサイト』。アウトプット教材は『他社の模試』を受講する。

2年目にフォーサイト社労士講座を受講!実際に行った勉強法

社労士の教科書2年目の学習でフォーサイトを受講しました。実際に行った勉強法を紹介します。

私はバリューセット2を受講しました。

 

  • 9月~5月【インプット時期】

まずは基礎講座から。最初はテキストに目を通しながら講義動画を視聴します。

内容は理解できなくてもOK。眺める程度に最後まで視聴します。

 

2回目からはテキストを『理解』しながら時間をかけて読みます。

すべてを完璧に理解することは難しいので、ある程度でOKです。

 

テキストの2回目を読み終わったら『過去問講座』にいきます。

 

過去問の最終ゴールは単に答えを暗記するのではなく、『なぜ』その答えなのか理由を説明できるようになることです。

 

そのため、1問ごと解いたらすぐに解説。解いたら解説と繰り返していきましょう。

最初は意味不明でOK。何回も繰り返すことで徐々に理解していきます。

 

過去問が終わったら、再びテキストに戻ります。テキストが終わったら再度過去問を解く。

この繰り返しで基本事項が理解できるようになります。

 

テキスト⇒過去問⇒テキスト⇒過去問の繰り返し。単に暗記するのではなく、内容を理解するように学習する。

 

  • 5月~8月【アウトプット期間】

5月から問題を解いていきます。市販の模試を購入したり、資格予備校が行っている公開模試を受けます。

 

模試を行うときも単に解くだけでなく、解説もしっかり読んで意味を理解することが重要です。

 

資格予備校の公開模試は2社ほど受けましょう。資格の大原とTACがオススメです。余力があればフォーサイトの模擬試験を受けてもいいでしょう。

 

模試を受ける時は次の点を意識しながら取り組んでみてください。

  • 時間内に全問解けるか
  • 集中力は持続できるか
  • マークミスはしていないか

模試を受けると自分の弱点が認識できたり、新しい発見があるので是非受けましょう。

 

5月からはアウトプット学習。多くの問題に当たって、問題処理能力を上げる。
  • 8月~9月【総復習】

最後の1ヶ月は全教科のテキストを1回読みます。忘れている箇所はないか、ある程度理解できているかを確認しながら進めてください。

 

直前期なので、数字の暗記と法改正情報のインプットもお忘れなく。数字と法改正は『選択式』に出題される可能性が高いので対策は必須です。

 

8月は基本を理解できているか最終確認。テキストを読み込む。
\  2年目の学習はフォーサイトが最適!累計受講者数は約8万人!/

【まとめ】フォーサイト社労士講座は2年目の学習に最適

フォーサイトは2年目以降の学習に最適な教材なのかについて解説しました。

 

2年目以降の学習に『インプット教材』としてフォーサイトは最適です。

 

フォーサイトは初学者でもわかりやすい教材なので『基本事項の理解』にオススメです。

 

一方でアウトプット教材としてはイマイチ。そこは市販の模試や他社の公開模試で補いましょう。

 

フォーサイトの教材+他社の模試で十分合格レベルに達します。

 

フォーサイトを受講する際、2年目以降の方は『バリューセット2』をオススメします。私も2年目はバリューセット2を受講しました。

 

私が実際に使って合格できた教材は次のとおりです。

  • バリューセット2【フォーサイト】
  • 市販の問題集【TAC】
  • 公開模試【資格の大原、TAC】

 

フォーサイトは『基礎の理解』に最適。社労士は基礎知識がなければ絶対合格できない試験です。

 

まずは基礎を理解して是非、合格を勝ち取ってください!

 

フォーサイト公式サイトを見たい方は下記のリンクをクリックしてくだい。

\  2年目の学習はフォーサイトが最適!累計受講者数は約8万人!/

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。





資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。