仕事が暇だから資格の勉強がしたい!オススメ資格を紹介

資格社労士の資格
仕事が暇なので資格の勉強がしたいです。何の資格がいいですか?

 

『今の仕事が暇…。時間を無駄に過ごしたくない。何か資格の勉強がしたい!』と考えている方。

 

資格といっても星の数ほどあります。何の役にも立たない資格を取っても意味がありません。

 

どうせ取るなら自分の人生がプラスになる資格を取りたいですよね。そこでオススメなのが『社会保険労務士』です。

 

  • この記事を書いた人

私は2度の受験で社会保険労務士に合格できました。

社会保険労務士について情報発信しています。

そこでこの記事では、社会保険労務士の仕事内容やオススメする理由を解説します。

この記事を読むことで社会保険労務士の魅力がわかります。

 

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの社労士通信講座【7選】

社会保険労務士とは

働く社労士社会保険労務士は一般的に社労士と呼ばれています。社労士とは社会保険労務士法に基づく国家資格。

 

社労士は企業の発展に必要な4大要素『人・物・お金・情報』のなかで『人』に関するエキスパートです。

 

つまり、人事・労務分野の専門家です。

 

会社に従業員がいる以上、労働契約や賃金支払い、社会保険加入など様々なことが必要です。

 

社労士は『人』に関する手続きや問題が起こった時の対応を行います。企業で働く従業員がよりよい職場環境になるようサポートします。

 

さらに、私たちの身近にある医療保険や年金に関する相談にも応じます。

 

社労士の業務内容は社会保険・労働関連の法律に基づいた書類作成や相談業務です。

 

一例として、次のような業務があります。

  • 従業員の入退社で発生する社会保険の手続き
  • 就業規則の作成
  • 雇用契約書の作成
  • 労働問題のコンサルティング
  • 年金相談など
書類作成、労働相談への対応、コンサルティングなど仕事は多岐に渡ります。

≫参考:【社労士とは?】合格者が教える!試験・仕事内容・将来性について解説

社会保険労務士(社労士)をオススメする5つの理由

おすすめ

  1. 働いている人でも合格を目指せる
  2. スキマ時間に勉強できる
  3. 社労士資格の使い道は多い
  4. 日常生活で役立つ
  5. 社労士はやりがいある仕事

働いている人でも合格を目指せる

社労士と聞くと難しい試験というイメージがあります。『自分が合格するなんて無理』と思う方もいるでしょう。

 

しかし、合格者の6割以上は会社員。つまり、多くの人は働きながら勉強しています。

 

社労士試験は簡単ではありませんが、働きながらでも合格を目指せる資格です。

≫参考:社労士の難易度を解説!社会保険労務士は簡単?難しい?【合格者が解説】

スキマ時間でも勉強できる

社労士受験生の多くは通信講座を受講。今の通信講座はいつでも、どこでも学習ができます。

 

ちょっとした空き時間にも勉強できるので仕事中に暇な時間があっても勉強できます。

≫参考:オススメの社労士通信講座

≫参考:社労士資格は独学で合格できる?合格者が解説。オススメの勉強法も紹介

社労士資格の使い道は多い

社労士資格の活用法は様々。転職や独立、副業にも使えます。

≫参考:社労士資格の活用法を合格者が徹底解説!独立、就職・転職に有利なの?

 

終身雇用制度が崩壊しかけている今、1つの企業で定年まで働き続けるのは難しくなりました。

大企業でさえ10年後はどうなっているかわかりません。

 

失業した場合、スキルや資格がないと再就職は難しくなります。しかし、社労士を持っていると再就職に有利です。

 

働き方改革が注目されている今の時代、社労士の需要は増大しています。ニーズが多いので働き口も増えています。

≫参考:社労士の合格後に就職・転職したい!実務経験なしでも大丈夫?

 

社労士は独立開業もできます。

 

独立すれば、努力次第で年収1,000万円も夢ではありません。さらに独立の強みは会社員のように時間に縛られず自由に仕事ができます。

 

社労士登録者の約7割は独立。多くの社労士が自分で独立して事務所運営を行っています。

≫参考:社労士の独立は失敗しやすい?成功する人・廃業する人の特徴を解説

 

社労士として副業する道もあります。『本業は会社員、副業で社労士業』を行うことも可能です。

 

副業解禁が進む昨今、副業への関心が高まっています。社労士で副業したい人も増えてきました。

社労士資格でちょっとしたお小遣い稼ぎもできます。

≫参考:社労士で小遣い稼ぎ!副業したい方必見。仕事内容や探し方を解説。

日常生活で役立つ

社労士の学習では労働基準法や雇用保険法、厚生年金保険法などを勉強します。つまり、私たちが生活していくうえで密接に関わる法律ばかりを学びます。

 

  • ブラック企業に勤めている
  • 失業手当をもらえる期間やもらえる額は
  • 病気やケガしたときに貰える給付金は
  • 家族が障がい者や亡くなった時にもらえる年金は

社労士試験の学習では私たちの日常で起こりうる問題を解決する知識が学べます。

 

知っているか、知らないかで結果が変わる世界なので、社労士の勉強するだけでもメリットはあります。

社労士はやりがいある仕事

社労士は『先生業』とよばれる職業。顧客から『先生!』と呼ばれます。

 

世間的に見ても社労士の評価は高く、合格すると他人の目も変わります。それほどインパクトのある資格です。

合格すると多くの人に『すごいね』と言われます。

 

責任は重いですが、仕事のやりがいはあります。今の仕事に満足していない、自分を高めたい人に社労士はオススメです。

≫参考:社会保険労務士(社労士)の仕事内容は?年収・将来性も解説

社労士になるには

社労士の教科書社労士になるには社労士試験に合格しなければなりません。社労士試験は難易度が高く簡単には合格できません。

 

独学で合格することは難しく多くの人は予備校に通うか、通信講座を受講しています。

 

ただし、予備校に通うと費用が30万円近くかかるので個人的にはオススメしません。

 

オススメは通信講座です。

  • 通信講座の特徴
  • 自宅で学習する
  • 安く受講できる
  • テキストが読みやすい
  • 理解しやすい講師の講義

通信講座は予備校の半額以下で受講でき、合格率が独学の4倍以上の講座もあります!

つまり、通信講座はコスパがいいです。

 

筆者も知識ゼロから通信講座を受講して社労士試験に合格できました。初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

 

数ある通信講座のなかで特にオススメなのはフォーサイトです。フォーサイトの評判・口コミを知りたい方は下記の記事も参考にしてください。

【まとめ】仕事が暇だから資格の勉強したい!

仕事が暇だから何か資格の勉強をしたい!

 

星の数ほど存在する資格。何の役にも立たない資格を取っても意味がありません。どうせ取るなら自分の人生がプラスになる資格を取りましょう。

 

オススメは社会保険労務士(社労士)です。

 

社労士とは人事・労務分野の専門家。仕事内容は社会保険の手続きや就業規則の作成、労働相談への対応などです。

企業で働く従業員がよりよい職場環境になるようサポートします。

 

社労士は難しくて『自分には無理』と思っている方。実は社労士合格者の6割は『会社員』です。

 

社労士は働きながらでも合格を目指せる資格。簡単ではありませんが、人生を変えるほどインパクトのある資格です。

 

社労士資格は転職・独立・副業と使い道は多数。また、勉強したことは自分の日常生活においてもプラスになります。

 

社労士を目指すなら通信講座をオススメします。私自身、知識ゼロから通信講座で合格しました。

オススメの通信講座は下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:オススメの社労士通信講座7選

 

社会保険労務士の通信講座に関する下記の記事も参考にしてください。




※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。